タグ:エネルギー ( 13 ) タグの人気記事

終りころ参加した講演会で、 EPR

5月11日午後、第1回バイオマス検討会の報告会が北大学術交流会館で開催
されました。 所用の帰り、終わり頃でしたが資料を頂きたく、岩原栄氏(足寄町)の
「森林未利用資源から木質ペレット製造 (北海道) 」 に滑り込みました。フロアとの
意見交換後、北大サスティナビリティ学教育研究センターの辻宣行先生が総括
なさり一旦時閉会。 メンバーの方々が議論を続け、17時45分頃まで傍聴しました。

配布資料  「農産物残渣の燃料としての評価と課題」 A4 カラープリント 11頁
        道立総合研究機構 産業技術研究本部

バイオマスのエネルギー収支比(EPR)分析と道内の取り組み事例
北海道バイオマス検討会 2009年度報告書、 2010年3月、 A4、 70頁
編集 : 北海道大学サスティナビリティ・ガバナンス・プロジェクト(SGP)
     もったいない学会 EPR部会

EPRとは Energy Profit Ratio (エネルギー収支比) の略、“社会に生み出される
エネルギー“を、 ”その活動に投入するエネルギーの総和“ で割った値だそうです。
上記書3頁 (天野治氏 : 電力中央研究所、もったいない学会理事)
(図1-4 EPR  出典:Chakes.A.Hall, State University of New York) より

辻先生のまとめよりメモ   ※太字は筆者
〔森林業の病弊〕
1.外国剤の輸入、価格競争  2.担い手不足、高齢化
3.外部環境の変化(坑道用例が不要)
〔森林価値への注目〕
1.水源、洪水防止、水の制御  2.土地の保全(土砂崩れ防止)
3.漁場保全   4.“環境”への価値  5.生物多様性   6.里山


その他 (各発言者不明) メモより
・森林は使われなければ意味がない
・北海道では製材所が発達してこなかった。その歴史的な検証を
・カラマツはそもそも坑木、足寄では昭和30年代に植林、建築材に不適格で梱包用に
・集成材には、カラマツは硬いので適している。昔より技術が発達しており、値段は
 変わっていない。付加価値をつけて開発しなければ。
・ツーバイフォーなら狂わず、問題ない。
・いかにうまく木材の利用を広め、使っていくか考えていく
――――――――――――――――

森林の存在そのものの価値がもっと社会的に評価されてほしいです。
山の保水力が減退すると大雨で水が走り、地盤が緩み、たちまち大災害になります。
↑ ↑
と思っていたのですが、本日拝聴した柿澤宏昭教授(北大農学研究院) のお話では、
木の根は浅く、大きな山崩れを防ぐ力はないそうです。 ただ適正に管理することで、
土壌の侵食や水源涵養、災害防止の機能が維持されるようです。  05/13 夜
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-13 14:17 | 北大 SGP関連

(社) 空気調和・衛生工学会 90周年記念 シンポジウム

“寒冷地における暖冷房システムの省エネルギー性と環境性の評価 ”
- 環境建築の実現に向けた協働と役割 - 
 ※北海道支部特別企画事業 
3月14日(金)13:30~17:00   於:北海道大学百年記念会館  
主催:(社) 空気調和・衛生工学会北海道支部 参加費 1,000円 (資料代含む)
    各氏共に設計図・写真等の画像のモノクロ資料あり (見出しほか部分引用)

1.基調講演   13:30~14:30
「環境建築のその先へ」 石野久彌 教授 (首都大学東京)
・電力平準化のための躯体蓄熱 ・・ 躯体各部:天上、床や壁、梁などの温度分布、
 蓄放熱量の推移、蓄熱時間の差によるデータの変化 / ビルのオフィス断面を
 イラスト化。例えば、人体発熱 9%、屋内の放冷、蓄冷、貫流 など熱の流れの
 方向と割合を矢印で示し、室内熱負荷 〔空調時:昼間〕 と 〔躯体蓄熱時:夜間〕 の
 状況が分かりやすく対比されています。

・オアシス21の断面構成 (名古屋市にある公共・商業複合施設 2002.10 ~)
・JR山手線内の外気温分布 ・・ 周囲34.5㎞、ヒートアイランド等の認知
 徒歩及び自転車で、大通り中心のルートを移動測定、夏季・冬季の早朝・日中に
 おける温度分布を、ルート線上と面で地図表示
・BESTプログラムについて  Building Energy Simulation Tool
・冬季の住環境、寒冷地は換気不足、温暖地は非効率な暖房、何れも過乾燥注意 
・建物を作ることは負荷になること、自然に溶け込ませた建物を意識する
・(蔵の再生を例に)景観は、通りすがりや周囲の視線と持ち主との感覚は違う.

2.特別セッション    14:40 ~ 16:20
「寒冷地におけるサスティナブル建築の歩み」 加藤誠 氏(㈱アトリエブンク)
・士別市(旧朝日町)糸魚小 改築工事 '07年、 <大きな家> に見立てた一体空間
 地場産のえぞまつ等の活用 、自然エネルギー活用によるランニングコスト削減
・黒松内中 エコ改修 '07年 (文科省と環境省の補助) 自然エネルギーの利用
(環境省 「学校改修と環境事業」 モデル校)、まちの印象を明るく、天空光を生かす
 <ひかりのみち> 自然光でイキイキ、建物全体の荷重軽量化 → 耐震性能強化

「環境デザイン・性能検査・運用改善  - 環境建築の実現に向けて」

  鈴木大隆 氏 (北海道立北方建築総合研究所)
・北総研の設計コンセプト / 1998年から北海道エコスクールへの取り組み
・事例 :中標津中学校、黒松内中学校・・ こどもたちへのアンケートより
   雨の日がすごく暗い (天候による差が以前より大きくなった)
   なぜ窓を多くしたのか / 明るくなりすぎて自分の隠れ家がない
・運用していく中で見えること、大人が使っていく場合とこどもでは違う、暗い方に
 じぃっと一人でいる子もいる。現場の教師は明るい方に出て来いという、それは
 良くない。暗い部分を残した。多感な子どもたちを一律、明るい室内に当てはめる
 のはいかがなものか。明るさだけが全てではない。色んな空間を、建築を作って
 行きたい。大人だけでなく、子どもについて環境教育を考えるmatterを感じている。
※ 鈴木氏は最後に講演なさいましたが、筆者が順を入れ替えました。

ポートフォリオ 地場産環境住宅プロジェクト 「エコロジー&エコノミー」
  山本亜耕氏 (山本亜耕建築設計事務所) 旭川市の木工の伝統、寒地住宅の
先進的な開発技術など、地域色と自然エネルギーを生かした建築を追求。

「パッシブデザイン」 藤島喬氏(TAU設計工房)  コンポジットユニット工法 /
・地下に住む家(省エネルギー住宅賞) 敷地条件を利用、埋め込まれた地階の
 上部にガラスボックスを設け、採光(日射)を得る。夏涼しく冬暖かな環境を維持、
 さらに交通騒音と周囲の視線が遮断される効果もある。

「寒冷地における暖冷房システムの省エネルギー性と環境性の評価」
  山崎勝弘 氏 (北海道日建設計)   環境建築とは・・ 環境(自然の恵み)を
 有効に活用する。環境 (厳しい自然) に耐える。環境から 「まもる」 
・北海道日建設計の環境建築に対する取組み 事例:中標津中学校、
 北大工学部共用実験棟(工事中)他、北見・中標津・札幌の気候の特徴
・「建築と設備の共存」 から 「建築と設備の統合、融合」 へ

3.パネルディスカッション   16:30 ~17:00  ~ 略 ~
[PR]
by lumiere6 | 2008-04-01 20:06 | 北大 学会等

資源循環教育のためのエコ施設めぐり&講演会  2

【エコ施設めぐり】  
北大北方生物圏フィールド科学センター 研究農場  → バイオトイレ
工事現場にあるような外観。実際に引き合いがあるそうです。中ではおがくずを
スクリューがゆっくり攪拌、真夏の様子も知りたいです。 (以下、筆者撮影 3/11)

ローエネルギーハウス  資料 : ローエネルギーハウス (A4 カラー7頁)

c0087710_0172857.jpg実物は、入り口 (東向) にレストランの看板を
飾ったら、と思わせる楽しい雰囲気がありました。

c0087710_018168.jpg1997年3月完成
木造2階建て、
床面積128㎡
地下室付き、
← 玄関ホール~
2階へ続く階段


c0087710_0165644.jpg2階の天井、梁の幾何形が面白くて撮りました。
通常の倍ほどの高さが非常に快いです。
下の2枚の写真は、南向きの大きな窓。壁は
「断熱パネル工法」 で約24cmあり、出窓の
ようです。タイマーで開閉する電動カーテンと
手動の日除け (オーニング→窓上部) 付き.
落葉樹が陽射しの調整 に効果的です。

c0087710_0235470.jpg
c0087710_1673141.jpg

c0087710_0274455.jpg← 地下室、〔FCBox〕 純水素用燃料電池
この北大の実験住宅は、地中の熱を冷暖房に利用する
土壌熱源ヒートポンプ、南側の屋根に太陽電池パネル、
ソーラーコレクターを設置、更に自然換気と生活排熱も
利用しているそうです。効率的にエネルギーが循環する
換気の経路などが資料に分かりやすく図解されています。
ご説明をお聞きしているうちに、”植物化する住宅” という
言葉が浮かびました。人は鳥や魚、自然界から乗物を
着想し、発展を遂げています。地下室で思ったこと :

建物は大地に ”土台” という名の礎を据え、安定した存在になりますが、大地から
エネルギーを吸収する "人工の根" をもつ樹木をめざす錯覚に陥りました。

電力会社からの供給エネルギーは全体の20%とのこと。現在はまだコストが
かかりすぎるそうですが、今後安くて高性能、安全で環境低負荷のシステムが
早期実現しますよう期待されます。  (効率的に..以後加筆修整  03/30) 

参考:個人的に検索
研究領域「環境低負荷型の社会システム」事後評価(課題評価)結果
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/eval/jigo/20020220/envr/index.html
自立都市をめざした都市代謝システムの開発  研究代表者- 柏木孝夫教授
(東京農工大学工学部)、落藤澄教授 (北海道大学工学部) ほか

北ガス技術開発研究所 北海道大学との共同研究の実施
共同研究テーマ 「寒冷都市次世代エネルギーシステムに関する研究」
http://www.hokkaido-gas.co.jp/ir/tech/3.html

地中熱利用促進協会  http://www.geohpaj.org/
北海道大学 ローエネルギーハウス地中熱工事

生物生産研究農場・バイオガスプラント 
資料は 〔環境保全と再生可能なエネルギー  バイオガスプラント〕 、北大の
ポプラ並木を表紙に、7ページながら全容がコンパクトにまとめられています。
研究の背景である家畜の有機性廃棄物問題、プラント(メタン発酵の流れ)、
バイオガス設備・機器、仕様、メタン発酵消化液の特性と利用、日本での課題と
海外の先進例などがカラー写真、明快なイラスト、グラフで説明されています。

↓乳牛と羊 (数頭) が飼育されていた建物入り口のパネルです。c0087710_0304970.jpg











実はスーパーに行きますと、或る生きものの淡い肌色がちらついて、精肉売り場を
よけています。巷ではネガティブな代名詞にされがちですが、とても清潔な環境にいます。

[PR]
by lumiere6 | 2008-03-29 23:58 | 北大 セミナー他

最近頂いた資料 2

『バイオマス白書 2008』 (ダイジェスト版)    
NPO法人 バイオマス産業社会ネットワーク 2008年2月発行 ※ この資料は
NEDO 独)新エネルギー・産業技術総合開発機構の助成で作成されたそうです。 
本編のサイト版は   → http://www.npobin.net/hakusho/2008/
A4判、オールカラー、全27頁  〔トピックス 1.バイオ燃料2007年の動向、
2.日本の森林資源活用へ向けての取組み〕 と 〔2007年の動向〕 の2部構成、

〔はじめに〕 を同ネットワークの泊みゆき理事長が執筆、『バイオ燃料推進が
本当に最適な政策なのだろうか』 『果たして優れた方策なのか』 問いかけます。*
『国産バイオ燃料の最大の問題点は、エネルギー収支であろう』 と費用対効果に
疑問を呈し、『「持続可能なバイオ燃料の基準づくり』 『バランスの取れた利用』 を
提案、地域の農業者との連携を提唱なさっています。メタン発酵で出る液肥の農地
還元や木質バイオマス利用の推進が脱石油農業にも結びつく、というわけです。

本文は15のコラム** と複層構造になっていて、世界各地の取り組みや課題が
多角的に分析され、簡潔に解説されています。バイオ燃料の種類と持続性の表は、
”経済・環境・社会” の3面から整理、比較しやすくまとめられています。

『石油から植物へ Ⅲ   森と畑と草原と海のバイオマス最前線』 A5判 
2008年3月発行 約100頁  切手同封で頒布受付中です。(詳細はWebサイト)

*この冊子の送り状でも泊氏は、バイオ燃料ブームのなかで生じている様々な問題を
挙げています。 『急激な生産により、食糧との競合-食糧価格の上昇、耕地拡大の
ための熱帯雨林等生態系破壊、温室効果ガス削減効果に対する疑問』 などです。

**1例 ◆現実的バイオマス導入戦略 - 都市部と中山間地域における資源有効
活用について <堀尾正靭 (東京農工大学 大学院共生科学技術研究院教授>
[PR]
by lumiere6 | 2008-03-13 00:18 | 上記外 環境・科学

第1回 アクア・ウインド・ファーム計画推進フォーラム

Forum for promoting  “Aqua-wind farming project ”
 ― 日本のエネルギー、資源自立、持続的発展の道 ―

12/19 (水)10時~12時 於:北大  テーマ : 洋上バイオ資源開発の可能性
「オーシャン・サンライズ計画の概要」北大大学院水産科学研究院 嵯峨直恆氏
「洋上バイオ開発の環境負荷予測可能性」 北大SGP  藤井賢彦氏

※11時半以降に参加、メモの一部
「洋上風力電力開発の成立性」 長谷川健氏
 三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化対策研究グループ 研究員
発表資料 「(独)国立環境研究所グループにおけるセイリング型洋上風力発電
        研究プロジェクトのご紹介」   PPT36枚分、A4判 9枚
Q&Aメモ
セイリング工期 ・・ (大きさが) 長すぎると曲がるので、短くてもエネルギー効率が
            同じなら検討とのこと. (期間についてはメモ不備です)
コストバランス ・・ 資料№22 〔2 セイリング型養生風力発電システムの
            エネルギー収支・経済性の評価〕 図をご説明
リスク管理 ・・ 浮体は有人と無人、電源が切れた時などの洗い出しをしている.
※セイリング型洋上風力発電 研究成果報告会 予稿集は、独)国立環境研究所の
 HPに → http://www.nies.go.jp/event/kaigi/20010107/download.html


排他的経済水域の利活用   -海洋風力とバイオ利用-」 資料 カラー2頁
 北大創成科学共同研究機構  田中教幸氏
広大な排他的水域 (工夫次第では日本は資源大国)
 世界第6位  米、オーストラリア、インドネシア、NZ、カナダ に次ぐ
 資源、エネルギー開発->日本の領海の防衛の要
 (資料より)

・情報交換と今後の展開についての議論
・AWF / FS事業の成立性実現を含む、単独でなく組み合わせて小さな会社に.
・事業実行母体形成・遂行 まで持っていく気概と覚悟でしないとアカデミックな
 スタディで終わる. 参加者の強みを持ち寄り、ベストでやれることを組み合わせる.
・企業と包括連携 (例:三菱重工、日立など)、科学研究費補助金を中心に.

行政参加者のコメント (メモ抜粋)
経済産業局 : 資金について公官庁の協力は理解できるが、企業をどの段階で
 参画させるか、それが大事なポイント.
→ 企業の関与の仕方は重要. 関係づくりを始めている. 三菱重工や日立.
 環境エネルギーの枠組み包括連携、たとえば(企業が)お金を出してくれやすい
 論理を日本政策投資銀行で教えて欲しい.

開発局 : このプロジェクトの目標、目的をもう少し明確に.油が高く船を出すのも
 大変で磯やけの問題もある.こういうプロジェクトでは漁業との問題が出てくるので、
 そのことを漁業者にこういう形で売り込んで行けるということを出して行けると良い.
 北欧の例. どういった人が担っていけるか、どういうバリアがあるかを最初に出して、
 その後にビジョン、社会、経済の動きを踏まえて開発計画. 開発局の関係では、
 平成21年度に向けての調査要求する仕組みができないかと考える.

→ 漁業者との協力は私も考えている.新しい漁場を作るという切り口.留萌は
 遠浅で漁業者が少ない.就労者は先行き不安を持っている.
 それに新エネルギーの普及して風力は道内1 (特に苫前、幌延)で理解がある.

道庁 :G8洞爺湖サミットを、色々な取り組みのスタートラインにしたい.道民会議の
 議論でもそういう話が出ている.国際観測シンポジウム機構を作ったらという話もあり、
 うまく連携して、イベントでこういうものを出し、シンポジウムを共催して社会に
 打ち出して行けたら.

創成研究企画課 : 環境エネルギー分野は北海道の地域性を生かせる.
 新しい複合・融合分やは北大の得意分野である.   12/24  一部追記
[PR]
by lumiere6 | 2007-12-23 23:57 | 北大 SGP関連

「北国から発信しよう! 自然エネルギーのある暮らし」

12月15日(土) 13:30 ~ 15:40  於:札幌国際ビル 国際ホール
受託事業団体 : NPO法人 ひまわりの種の会 (リーフレット2種配布)
連携主体 : 北海道板金工業組合、NPO法人 地球環境HOME 他2企業
  (平成19年度 主体間連携モデル推進事業)委託業務

【基調講演】   石川氏の講演途中14時から拝聴  以下資料より抜粋
「北海道は自然エネルギーの宝庫」 PPT38枚:A4判10頁
  北大大学院工学研究科 教授  長野 克則 氏

講演1 「太陽光発電ビジネスの現状と展望」 資料PPT18枚:A4判9頁
  ㈱ 資源総合システム 太陽光発電事業支援部  石川 修 氏
世界における太陽電池生産量推移 (地域別)2006年
  全世界 2,521.4 MW  日本 927.5 MW  ヨーロッパ 678.3 MW
  (独 490MW)  その他のうち中国 369MW  米 201.6MW
太陽光発電累積導入量は 独がトップ 2,863.0MW  日本 1,708.5MW
新エネルギー進展ケースにおける2030年度の新エネルギー種類別導入内訳
  太陽光発電 2024万kl (51.3%) 風力発電 269万kl (6.8%)
  廃棄物発電 374万kl (9.5%) バイオマス発電 120万kl (3.0%)
  黒液・廃材等 537万kl (13.6%)  出典:総合新エネルギー調査会 需給部会

講演2 「屋根組込型太陽光発電を取り入れた道内の事例紹介」 画像32枚:8頁
  日本鐵板㈱ CSソリューション営業部専門部長  小林晴久氏
多機能屋根の開発 → 太陽光発電、融雪機能、二層構造屋根
北海道は本州に劣らない日射時間、日射量. 太陽の光エネルギーを電気に変える.
「光電気変換効率」 は気温が低い方が良い. 

最適角平均日射量  出所 :NEDO 技術開発機構 「新エネルギーガイドブック」
 札幌 3.93  東京 3.74  名古屋 4.11  那覇 4.09 (単位:kwh/㎡・日)

太陽電池を取り巻く情勢  現状 ~ 今後
 問題点 ・・ 太陽電池用シリコン原料不足、需給逼迫、価格上昇を避けられず.
        国別買取価格差
 対策 ・・ 多結晶シリコン大手製造企業を中心に、また中国、旧ソ連の同製造
      参入により増産体制強化、2008年完了見通し

講演3  「太陽光発電導入住宅事例紹介」   メモより抜粋
  ミサワホーム北海道 ㈱ 建設部部長  近藤 収朝 氏
ヒルズガーデン清田 ・・ 環境共生とリサイクル、造成法面にチップ使用.
 住宅廃材が樹脂でベンチに. 無電柱化(メインストリート)の街並みづくり.  
 オール電化住宅 ・・ ヒートポンプによる温水暖房、北電と三菱電機の共同開発.
 空気中の熱を汲み上げ (回収して) 暖房に使う. 省エネ
北海道で6割程普及のの無落雪屋根は、まだ事例無し. 壁面に貼ることを試行.
 角度は50度くらいのが良い. 90度だと冬に雪の乱反射が期待できる.
 サイディングや高断熱など北海道の技術は本州に流れている. 何とか北海道発の
 太陽電池ができないかと思う.

More
[PR]
by lumiere6 | 2007-12-20 23:58 | 上記外 講演会等

名寄の 「はくちょうもち」 と或る老舗

数年前の秋、広報紙の取材で 名寄市 の農協を訪れました。
日本一のもち米産地になるべく、自家用でさえうるち米を栽培せず、混入を防いで
きたまちです。 冷涼な気候のおかげで低農薬野菜も栽培、高い評価を得ています。

タイトルの 「はくちょうもち」 とは、もち米の品種名です。冷めても固くなりにくく、
名寄市や合併した旧風連町の純白の雪を彷彿とするきめの美しさ、味わいは
和菓子にも向いています。 あの伊勢の老舗 「赤福」 の厳しい要求水準に応える
ご苦労の道のりだったようです。

asahi.com MY Town 北海道 【うまいものが食べたい】 名寄のもち米 2007.03.15
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000140703150001

当時私は、できてまもない、雪を利用したもち米専用 (国内初) の低温貯蔵施設
「ゆきわらべ雪中蔵」 にもご案内頂きました。
    ↓
NEDO 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 北海道支部のsiteを
ご覧下さい。 「北の大地 -自然エネルギーとの共存 Web版 雪氷熱

まちの方々の努力と誇り、信頼を踏みにじる老舗の行為によって、経済への影響が
心配されます。旧風連町では、 「はくちょうもち」 の特性を生かしユニークな大福を
作っています。 → 株式会社 もち米の里  風連特産館

また、名寄市の菓匠 「喜信堂」 の和・洋菓子は定評があります。 困難を乗り越え、
北に福をもたらす、新たな銘菓が地元から生まれてほしいものです。

北海道環境サポートセンターで10月17日(水) 行なわれた意見交換会* で、
会場から 「安全な食べ物の供給について」 ご発言がありました。
* 「北海道環境コミュニケーションツアー つなげ! 道産環境力 in 札幌」
資料 21世紀環境立国戦略 環境省 / 平成20年度 環境賞重点施策 環境省
    低炭素地域づくり面的対策推進事業費 総合環境政策局環境計画課
    クールアース50について 小森繁氏 (環境省地球環境局総務課)

→ EPO北海道 http://www.epohok.jp/ 
[PR]
by lumiere6 | 2007-10-20 23:58 | 上記外 環境・科学

平成19年度 北海道バイオマスネットワーク会議 

7月5日(木) 15:00~17:00   於 : 北海道大学
〔議題〕 H18年度の活動報告について、H19年度の活動方針等について
     意見交換ほか   ※ 配布資料あり、16:00~ 参加

(資料3-8) 3 バイオマスの利活用推進に向けた情報発信
①バイオマス活用セミナーの開催   ②北海道バイオマス・メールマガジンを配信
③情報誌 「HBnet NEWS」 を発行  ④道循環型社会推進課ホームページを
 活用した取組み状況の紹介などの情報提供
⑤キャッチフレーズを活用した普及啓発など (例 : 名刺に) 
        やさしい未来へ “自立する大地” バイオマス北海道

〔出席者〕 会長 : 北海道大学大学院工学研究科 古市徹 教授
委員-道経連、道農・漁協、社)道食産協、社)道産廃協、日本ホテル協会道支部
     道立工試・畜産試、道環境科学研究センター、北海道開発局、経済産業局
     環境省道地方環境事務所、札幌市環境局、滝川市、別海町など 52名
会員-水産、食品、重工業、電気、環境、建設、機械、車輌、金融企業など 35名
事務局-北海道環境生活部環境局 循環型社会推進課 4名

〔課題・問題点ほか〕  メモを基にしており、部分的なものです。
・施設の維持管理、維持費の支援制度がないのが一番の問題。個人の農家への
 支援制度を。ドイツ製の部品だとすぐに修理できない。
・生活系の生ごみの一定のリサイクル、処理の推進を計りたい
・研究グループが実践に向けた活動を
・肥料散布と法についてやり取りが少し続いた。私には事情や意味が不明

・研究部会-事業系(パターン化、システム化) 成功事例をつなげて整理
 生活系 (利活用の手引き作成、道は処理計画や廃棄物計画を立てる義務、
 広域化しなければならない、方法論を手引きで示していけないだろうか、
 道の役割は重要、出席の行政は協力・サポートしてほしい。人口が180万と多い
 札幌市を別格に、10万人以上と中小に分けて。   4行目修正 07/07

・会議がバイオマスという大きな名前なのに、生活部環境局が主だからか、
 生ごみに処理に比重が行っている。バイオエタノールなど道庁内のリーダー
 シップを持っているか。
・主に廃棄物だけれど、そういう方向も取り入れて行きたい、バイオエタノールは、
 庁内の中でも取り組みある。
・廃棄物が中心になっているが、資源作物まで入れるのかは難しい。
 市民から人間の食べるものを機械に食べさせるのかとの意見がある。
 全方位、 オールラウンド、いろんなものを含んでやっていきたい。
・地域で担い、さらに全道をカバーするネットワーク(作ってほしい?)

・環境生活部、農水省など、ある意味縦割りだが有機的にやっていこう
・輪づくり交付金、横断的に出るようになった。産廃と一般廃棄物一緒、
 農林が出した補助金を環境局が受け取って、厳しくシステム構築、
 これを踏まえて考えたほうが複合的にできるのでは。

個人的に参考 : 輪?環づくり交付金
農林水産省・バイオマスニッポン・地域バイオマス利活用交付金
http://www.maff.go.jp/biomass/support/koufukin.html
独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
・過去一年間の当該技術の動向
http://www.nedo.go.jp/nedata/16fy/04/a/0004a001.html
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-06 23:57 | 北大 セミナー他

4ème réunion       

計画(案)がすっきりと整理された。促進と推進の違い。取り組みや施策が見えるような
構成が望ましいと思ったけれど、個々の毎年流動的な、短期的な事業を併記することで
他の章とのアンバランスも生まれる。計画の方向性を示すことを本文に、具体策などを
資料編に載せるとわかりやすい。二酸化炭素排出削減について、運輸業者は頑張って
努力している。一般市民が問題。

ESTモデル事業(環境的に持続可能な交通)  ←ESTフォーラム (財)北海道環境財団

引用 → 日本の電力部門における二酸化炭素削減の可能性
BAU (Business As Usual ) 現在の経済・電力需給トレンドが続いた場合のシナリオ
PS (Power Switch) 電力供給部門において、非化石燃料およびCO2排出の少ない
   燃料への転換を積極的に進めるとともに、電力需要部門において機器の高効率化を
   より積極的に行った場合のシナリオである。 予測ではなく、「積極的」で「現実的かつ
   達成可能」なアプローチによる削減ポテンシャルを示すものである。 
[PR]
by lumiere6 | 2006-12-19 21:27 | 上記外 環境・科学

Q値(熱損失係数)

とあることから、Q値(熱損失係数)、K値(熱貫流率)についてネットを検索しました。
脳細胞が熱くなってきました。ah … (寒いときは数学と物理で省エネ???)
 
Q値は住宅の断熱性能を数値であらわしたもの Q値・K値ともに単位は W/㎡k 
 (財)建築環境・省エネルギー機構 → 次世代省エネ基準について
 コーナー札幌㈱ → 住宅環境性能 → 暖冷房について → Q値、K値 
 ホームが不明なHP 『出典:松下エコシステムズ(株)』に、わかりやすそうな図

・温暖化問題の資料で使われる1人の二酸化炭素削減量原単位は、 t-CO2/人  
 例えばCO2削減目標等に関して数値が頻繁に出てくる文章があるとします。
 その都度この単位がついていると比較・対照する上で、とても邪魔に見えます。
 表なら、(%)のように項目名に単位を括弧書きできますが。

・ところで、住宅用太陽光発電導入促進事業が平成17年度で終了しました。
 某大手住宅メーカーの方によると、設備の需要に影響が見られるそうです。
 ウォームビズが盛んにPRされ、新エネの立派な資料写真集が発行されていますのに
[PR]
by lumiere6 | 2006-11-14 23:54 | 上記外 環境・科学