<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

曙光

今夜、あることから中枢神経系について調べ、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の
研究を検索しました。グーグルの「筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療情報」を
クリックすると、次のタイトルが大きく掲げられたサイトでした。

希望の光 斜陽のごとく 
http://www.geocities.jp/yasu1nakae/byouki/ALSwakuchin.htm

雲間から射す神々しい光の写真を眺め、最初の1、2行で、患者さんらしいと
思ったものの、うまく言えないのですが、驚いて、ホームを拝見しました。

ペンギンおやじ Home Page
http://www.geocities.jp/yasu1nakae/

これまでも、さまざまな患者さんのブログを見ては、涙して来ましたが、
状況が分かり、とめどなく泣けてしまいました。

自分自身は、昨年、やや悲しい思いが去らず、3月には、ここ数年間
お世話になったお二人と、それぞれ遠くなってしまいました。

それでも、自分に出来るささやかなことを、勉強しながら頑張ろうと
気を紛らわせて来ました。曇り色の脳細胞と身体が働いてくれる限り、
続けて行きたいと...ほんの僅かでも世の中に役立っていればと思い...
なんだか、切ないです。
[PR]
by lumiere6 | 2013-04-25 21:57 | 囁き

北大関連のイベントから 2

3月3日(日)の午後、北海道大学総合博物館で開催されていた、2012年度
「卒論ポスター発表会」 に寄りました。 (3月2-3日 10時から16時)

このイベントは、同館が推進している 「ミュージアムマイスター認定コース」の
社会体験型科目の一環として行われ、同科目よる学生参加のプロジェクトが、
運営に携わったそうです。「北大カフェプロジェクト」 も併設 (飲み物100円)。

ミュージアムマイスターコース > 2012年度 卒論ポスター発表会の運営
開催報告】  【発表者の考察レポート

発表者は12名で、所定の時間内に、ポスターの前で来館者に解説してくれます。
その後、スクリーンを使って発表者が研究内容をアピールする 「PRタイム」 が
ありました。(1人数分?) 建築系は、対象とする画像そのものが見栄えがします。
医薬系が一緒に競うのは、なかなか大変と思いました。

最優秀賞の方は、ポスターを眺めただけですが、下記の受賞者は、それぞれ
お話を伺ったので、御名前を挙げさせていただきます。 室谷さんとは、結構
長くお話して、鹿島のSD選書を買った頃や、フランスのシャルトルへの旅が
懐かしく思い出されました。 ポスターも印象的で、何らかの賞をもらうと思い、
私は常木さんに 「来館者賞」 を投票しました。

常木さんには、テーマが比較的身近で興味深くもあり、いじわるっぽい質問で
突っ込んでしてしまいましたが、応援の気持からでした。 ^^ 
--------------

・優秀デザイン賞 : 室谷美里さん (文学部 人文科学科)
ケルン大聖堂に関する一考察 ―バルダキン構造に着目して― 

・優秀コミュニケーション賞 : 高崎竜司さん (理学部 地球科学科)
サハリン島南部上部白亜系から産出したニッポノサウルスの系統位置の再検討

・来館者賞(同数票 2名) : 常木生也さん (農学部 生物機能化学科)
体内のミネラルバランスと潰瘍性大腸炎との関係を探る ―特に亜鉛に注目して―  

--------------
発表者一覧を見て、最初に聞きに行ったのが、 脇本行彦さん (理学部生物科学科)
「糖残基を有するヒトNotch-1 EGF-12 ドメインの合成と配座解析」
難しいテーマを一生懸命解説下さり、来館者賞を迷いました。
[PR]
by lumiere6 | 2013-04-21 22:22 | 上記外 環境・科学

北大関連のイベントから 1

やや古い話です。2月に、札幌駅前通の地下歩行空間北2条交差点広場で、
映像を使った新しい情報検索システムの実証実験と、システムの説明が、
ダンスイベントをまじえて行われました。

これは、北海道大学大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻の
長谷山美紀教授が、ご研究の一端を知ってもらうために企画されたそうです。

『QIY2013β(Query is You!2013β)』 という、長谷山教授が開発した
システムでは、例えばその前に人が立つと、服装や動きなどを基にして、
その人に合った映像が、ディスプレイで提示されるというものです。
映像の候補は、美しい四季の北海道や札幌、それに雪まつりの光景です。

会場の広場には、65インチの縦型ディスプレイ6台が設置されており、
長谷山研究室の男性が、その前を黒っぽい防寒コート姿で歩いたときは
ほとんど冬景色のような映像が集まりました。 ワイシャツ姿になると、
映像の ”群れ” が動き出し、明るい初夏の映像に変わって行きました。

私はキルティングの防寒着でしたが、淡いピンク色に白い縁だったせいか、
やや春めいたイメージの映像が多かったです。

Sapporo north2 2013年1月31日
次世代情報アクセスシステム実験in第64回さっぽろ雪まつりのお知らせ
http://www.sapporo-north2.com/information/2013/01/20130131.html  
「Query is You !」http://www.sapporo-north2.com/detail.php?id=104

ダンスは、2月11日、長谷山研究室の学生さん (男性3人、女性2人) が
2度披露しました。この写真では、かっこ良さが伝わらなくてごめんなさい。
動きに従って、背景の映像も少しずつ変化しました。

c0087710_12191947.jpgc0087710_12194874.jpg








会場の 「広場」 は、道路交通法の規制対象となる 「地下通路」 と区分され、見物や
撮影スペースに制約がありました。せっかく雪まつりで大勢の人が行きかい、
足を止めていたのに残念でした。 (でも、法やルールは遵守されるべきです)
[PR]
by lumiere6 | 2013-04-13 12:24 | 上記外 環境・科学