人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ミケランジェロの誕生日 

1475年3月6日 ミケランジェロ・ブオナローティ、フィレンツェに生まれる。
およそ数百年後、とある街で、愛らしい (^^) 女の子が誕生。 後年イタリアに憧れるも、
海外は仏蘭西に半月のみ。長い間、ベッキオ橋とアルノ河、花の都を想像してきました。

先月、イタリアのフィレンツェほか、幾つかの都市を旅行したお友だちから、お土産に
「FARFALLONI ARLECCHINO」 という蝶ネクタイ型のショートパスタを頂きました。

ここ2年ほど、彼女の仕事を通じて時々お話しする方ですが、私がある分野に関して、
どういう点が多くの人に興味を持ってもらえそうか、広く伝えるべきトピックは何かを
考えているとき、文字情報なしで簡単に説明すると、率直に印象を語って下さいます。

予備知識なしで、耳にするのは私の心に残っている断片だけですから、私などより、
ずうっと度量が大きいのだと、改めて思いました。プロフィールは不明ですが、理系では
なかった風で、和みの雰囲気とともに、ちょっとしたやりとりに感謝です。(3/8 修整)

このようなかさ張る品(ローマ・三越)を恐縮でしたが、旅先で思い出してくれたことが
とっても嬉しかったです。せっかくなので、イタリア国旗にちなんだソースを作りました。

c0087710_23432296.jpgc0087710_23473534.jpg






左: 茹でると縞模様が淡い色になりました。ほうれん草、ウコン、ペペロンチーノを
使っているようです。 (下記の豆乳は紀文の無調整、トマト缶はカゴメ)

右: 玉ねぎがベースの、「小松菜+豆乳」、「豆乳+ある食品」、「人参+トマト缶」 で
3色 (調味料の記載は略)。 実は、えんどう豆、白インゲン豆、赤インゲン豆の3色も
良さそうに思いましたが、結局、ソースを乗せただけで、デザイン性がない感じです。

写真の信楽(国産)のお皿は、とっても安くて、お醤油を入れる窪みもあり、用途が
広そうです。本当は白と2枚組みでしたが、磁器の白さと違うので、普段ぽく見え、
この色2枚に替えて頂きました。少量をもっと繊細に盛り付けるべきでしたが ...
お料理は見た目にもこだわる方なのに、美的センスゼロみたいで恥ずかしいです。

    秀れし工匠(たくみ)も 石塊(くれ)に
    潜まぬ思いは 刻み得じ
    知恵に従う 腕(かいな)のみ
    神のみすがた 写し得る         ミケランジェロ ソネット(部分)

『イタリアの美術』 A・ブラント/著、 中森義宗/訳、鹿島出版会(SD)、120頁


c0087710_2225453.jpg


昨年は、深紅と淡いピンクの薔薇が沢山で、
しばらく楽しめたけれど、もったいなくて、
1輪程度にと、その分 花より何とかをリクエスト
しました。(甥と姪より、お菓子と共に)


3月15日 追記 : 雛の節句に、北海道では暴風雪のため8人も亡くなられました。
母と子供たち、若い女性、小学生のお嬢さんを護って力尽きたお父様 ...
ニュースを知るたびに泣けました。女の子の健やかな成長を祈る日だけに、ひときわ
悲しみが偲ばれます。 どこかのテレビ番組は、人形倒しをしたそうであきれました。

前日の2日、私は外せない所用があり夜帰宅しました。いつもは5,6分のバス停から
家までが大変でした。防寒装備でも顔を上げて歩くことが出来ず、前がよく見えなくて。
でも背中からの風は押されて危ないときがあります。それでもスーパーやレストラン、
MS、GSなどが続くバス通りなので、方向を見失わずに済みました。

郡部なら、数百メートルの距離でも事故に直結しそうな凄まじさでした。鉄道が復活して、
地方に人や集落が増えたら、もっと暮らしやすくならないだろうか、とも
考えてしまいました。

ただこの頃、お名前も、いつ頃だったのかも分からなくなったけれど、事故で亡くなられた
少女のことが思い出されます。レールに靴が挟まり、どうしても取れず...だったそうです。
小学校高学年で、同級生と一緒だったと思います。 不運というには余りにむごいです。
もし生まれ変わりというものがあるのなら、この上もなく平穏に、幸せであってほしい。
by lumiere6 | 2013-03-06 23:48 | la vie