<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月 ほっこりお芋と十勝の豆  

先週から当地本来の気温になり、それまでは記憶にないほどの残暑でしたから、
少し風邪を引いてしまいました 。実りの秋、中秋の名月なのに、台風17号が大変、
どうぞ暴風雨が弱まって、早く列島から逸れますように。

c0087710_22504112.jpgご飯: 薩摩芋とゆで小豆。(理由は後述)
お味噌汁: 小松菜と車麩

ずんだ蓮根: 4枚を醤油煮、枝豆を摺り、
+練り胡麻、わさびなど→ 2枚ずつ挟む

胡桃入りきんぴら牛蒡: 母が好きだった
 生炊きシラス佃煮風を牛蒡で代用

中札内村の生揚げと有明海の味付海苔

札幌オータムフェスタで買った十勝(帯広?)のブラウンマッシュルームのソテー。
サービスして頂き、19日からまだ日持ちしていて、旨みもたっぷりです。
紅白は、市販のベッタラ漬けの味が濃いので細切りし、人参の繊切りを混ぜたもの。
先に作っておくと味がなじんで食べやすいです。「ずんだ蓮根」 は改善の余地あり。

実は、銀杏と小豆を使うと 「萩ご飯」 と言うそうです。でも近くに国産銀杏がなくて
薩摩芋に代えました。近頃買うのは、小さな不揃いの160円/K程でも、中心が
ほっくりと美味しい黄白色の品。ついつい毎日食べています。^^  胡桃は米国産

c0087710_1211336.jpg中札内村(北海道十勝地方)の大豆のお豆腐類も好きですが、
何といっても、枝豆の評判が良いです。写真はフリーズドライ品
淡い塩味が豆の甘みを引き立て、スナック菓子のようなくどい
調味料なし、常温保存。携行にも便利です。

フードフェスタで2袋買い、20袋ほど、この冬用にと勇んで再び、
でも売り切れ。 ネット通販されているけれど、どうも取扱会社の
イメージが...産直のはずでも、卸的に企業がドンドン発展していく

中札内村の冷凍枝豆は、下記の下渡教授の調査報告によると
マイナス196度の液体窒素で瞬間冷凍して、えだまめの風味を、収穫時そのままの
状態に閉じ込める独自の製造方法を用いており、使用する液体窒素は苫小牧港から
タンクローリーで搬送...
」 だそうです。採れたて独特の豆の香りも味わえます。

【参考】
調査報告(専門調査)日本大学生物資源科学部 教授 下渡敏治
「冷凍えだまめの輸出事業への取り組みと課題~北海道 JA中札内村の事例分析~」
http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/senmon/1103/chosa02.html
[PR]
by lumiere6 | 2012-09-30 23:31 | la vie

「薬剤師」 関連の広報誌より   

先週、会合に出かけた先で、広報誌の棚に写真の冊子がありました。
何度か訪れていて、初めて見ました。環境関連施設にで見かけるような体裁に、
(財)北海道薬剤師会 公衆衛生検査センターが発行元とは思いがけなかったです。
ホーム http://www.douyakken.or.jp/about/index.html

『知っておきたい北海道の身近な自然毒 おじいちゃんとボクたちのちいさな冒険
2010.10 www.douyakken.or.jp/public/books/book06/ -

c0087710_23132532.jpgオールカラー 18頁 山菜とよく似ている毒草や毒キノコや
川や沢水に潜む腸管寄生原虫 「クリプトスポリジウム」ほか
アウトドアでの注意点が分かりやすく説明されています。

会話で進む構成や、沢山の写真(道立衛生研 姉帯正樹氏)
とイラストで、児童にも親しみやすい図鑑のようなつくりです。

この冊子のように、お子さんやお孫さんに教えてあげられるとカッコ良いですね ^^  

>広報のご案内   ※さまざまなテーマのバックナンバーを見ることができます。
http://www.douyakken.or.jp/public/index.html


初夏に、ある学会の会場に置かれていた 『TURN UP』 №5
発行は、㈱ファーマシィ http://www.pharmacy-net.co.jp/
”薬剤師の新たな可能性を拓く応援マガジン” と副題がついています。

主要な記事である ”MY OPINION -明日の薬剤師へ” のみWeb公開
http://www.pharmacy-net.co.jp/58/127/ 

”FOYER @ MY OPINION” というコラムで、取材途中に出会った素適な場所が
シリーズで紹介されているようです。 この号は、港区の「江戸見坂」です。
近年、港区に2度泊まったのに、上野公園は別として、なぜか東京は殆ど平らな街、
と思い込んでいました。昨年の千代田区の坂道は予想外で、不思議な感じでした。
いま思うと、このコラムで書かれている 「アップダウン」 という言葉がぴったりです。

目次のさし絵の "向日葵" が、一見、貼り絵のようで、とても明るく素適な構図です。
作者は日高和俊さん。鹿児島県の国立南九州病院に筋ジストロフィーで入院なさり、
特殊なマウスを親指で操作するコンピュータグラフィックスだそうです。
検索すると、作品が幾つかのサイトで紹介されていました。

㈱ユーディット
http://www.udit.jp/art/hidaka-san.html

納 光弘氏 (元・鹿児島大学第三内科 教授)のwebサイト
・思うこと 第44話   2005年9月17日 記
筋萎縮症の患者さん達による「5人の轍展」に感動
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/omoukoto/44wa-5ninntenn/5ninn-tenn.htm

"思うこと" の目次を眺めて、次の "シミューレーション医学" に興味を
持ちました。講演の画像が何枚も大きく紹介されています。

・思うこと 第271話   2008年4月21日 記
池上先生のシミュレーション医学の講演に思う
http://www5f.biglobe.ne.jp/~osame/omoukoto/271wa-ikegami-sennsei-kouenn/271wa-ikegami-sennsei-kouenn.htm 

日本医療教授システム学会  http://www.asas.or.jp/jsish/index.html
活動内容→ SimClubのHP  http://www.simclub.jp/

ある作業が途中のまま、ついついWeb寄り道して予定が遅れました。
明日こそは真面目に頑張って、おおよそ構成してしまわなければ。
[PR]
by lumiere6 | 2012-09-20 23:51 | la vie

§ 大和撫子

   日ノ本に幸多かれと
        広き空 永久に仰ぐや まこと佳き陽に *     -m-

数日前、地下鉄のホームに、弓を持った女子高生数人がいました。
弓はケースに収められており、背の高さを超えている大きさは予想外でした。
凛々しく、可愛い、そしてやはり礼儀正しい雰囲気でした。

私は時代小説が好きなのに、弓を題材にした作品を咄嗟に挙げられないけれど、
美しい女性剣士と同じく、凛とした居ずまいの女性弓士も絵になると思います。
このような大和撫子たちが、もっとメディアで取り上げられても良いはずなのに ...

下の画像の解説の一部をご紹介させて頂きます。76万回以上、再生されています。

トップクラスの強豪をも唸らせる技術と射品。その揺るぎない心気を
"completely undisturbed" と評したある外国人の言葉がいみじくも正鵠を射る。


YouTube 「弓道 -不動心-」 作成者: nobuoseo1973 さん  
http://www.youtube.com/watch?v=lCKLGMK_3No&feature=related

* 一部修整 09/07
[PR]
by lumiere6 | 2012-09-06 23:14 | 囁き