人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月 お彼岸  

c0087710_21131667.jpgc0087710_2120156.jpg 
 
 昨日は父の命日でもあり、
 夕方、小樽の菩提寺に
 お参りしました。
 
 勝納川から山側の風景は
 数年前とほぼ同じです。
  「名残りの雪」 2007.3.22

札幌から高速バスに乗り、「奥沢口」 というバス停で降りる。すぐ近くの 「菊原餅菓商」 で
草と豆大福を購入。つぶ餡はやや甘さ控えめで (もっと淡白でもOK) 食べやすいです。
札幌方向に数分歩くと 「海雲山 龍徳寺」に。本堂は小樽市の指定歴史的建造物です。

相変わらず質素な恥ずかしいお膳ですが ... *味付けについては略

c0087710_21474963.jpg 手前左: 「北の黒米」を混ぜたぼた餅、道産大豆100%の 「京きな粉」(㈱真田)

手前右 : お吸い物の具は、木綿豆腐と道産長いもをフードプロセッサーでなめらかにして
上新粉を少し混ぜ、茹でたもの。オシキリ食品の
「十勝もめん」 を使いましたが、同じ会社でも
原料が違う安い品は風味が異なります。

他のメーカーでも、十勝産や北海道の今金町の鶴の子大豆のお豆腐は、美味しければ、
お醤油なしで食べるときもあります。今回すり鉢が大変で電化製品を使いましたが、とても
クリーミイで、ほんのり大豆の甘みがあり、茹でる前にスプーンでつまみ食いしました。
夏に寒天で寄せて、ワサビ醤油でも美味しいかもしれません。クリーム状のままで、翌日も
白さを保っていました。長いもは変色しやすいのに不思議です。

札幌では、道産大豆とにがりを使った 「自然庵」、「豆太」 など美味しいメーカーに恵まれ、
いろいろ比べやすいです。上記のお豆腐と長いもの、ねっとりとした濃厚な、密度の高い
食感は、木綿豆腐を使うと、質が違いが良く分かります。 昔からの藤井豆腐店は揚げが
美味しいのですが、お豆腐業界は、「特売」 と 「こだわり」 の2方向で競争しているように
見え、その狭間で大変かな、と手作り店の様子も気になります。

何に重きを置くかは、それぞれの価値観ですが ...いま私は蛋白質をほぼ豆・魚介類で
摂っています。高級品はごく稀ですが、基本的な食糧こそ、既製品のようなこってりと味を
つけないで、本来の旨味が伝わる品を大切にしたいです。  (7行追記)

中左 : 生椎茸と大根の煮物に絹さや。本当は生が美味しいみずみずしい大根です。
中右 : 竹輪麩 (堀川) を茹でて、植物性のオイルで焼いたもの、黒胡椒と海苔
    (生麩のほうが好きですが、予算の都合で ...)

奥左 : 紫大根の甘酢漬けと胡瓜のたまり漬。お寺付近の個人商店の店先にありました。
     農家の朝もぎを漬けたそうで、あっさりした旨み、それぞれ歯ごたえも良いです。
奥右 : 人参の練り胡麻和え (繊切りをサッと熱湯にくぐらせ、マーマレードであえても)

小樽には昔ながらのお餅屋さんが存続していますが、神社、お寺、市場が集まっている
地域に多いのかなと思います。筆者検索 → 「小樽のお餅屋さん ご案内地図」
 発行:2006年12月26日   制作 小樽商科大学 商学部1年 佐藤亜美
 http://www.otaru-uc.ac.jp/hsyomu1/kouhou/omochi.pdf

by lumiere6 | 2012-03-23 21:53 | mémoire

ある科学者のブログ記事より ...

当地はうっすらと雪化粧。 寒暖のたびに路面が凍り、滑りやすいです。関東の南では
梅が満開らしいですのに ...  「macroscope」 というブログで、下記のタイトルの
非常に興味深い論述を拝見しました。 筆者は或る大学の地球環境科学の研究者と
思われます。 私は昨年12月、ある英語の言葉を検索していて偶然知ったサイトです。

「十万年、百万年の桁の時間スケールを歌う人々が住む国」 2012-03-16
http://d.hatena.ne.jp/masudako/20120316/1331891911

日本語の 「うたう」 には、「詠う」 もありますが、この記事名は 「歌う → 唄う」 と考え、
なぜかネパールやアンデス地方の民族音楽を想像しました。まさかご専門の視点から
日本の国歌 「君が代」 の歌詞を分析なさったとは ...  次の一節の時間スケールも
数字が示され、まさに悠久のときです。 「さざれ石の いわおとなりて こけのむすまで」

「ゆく川の流れはたえずして... 持続性の思想、準定常系の概念」 2012-03-16
http://d.hatena.ne.jp/masudako/20120316/1331892204

言うまでもなく 「方丈記」について、筆者は最初の2文の英訳を試みています。 「川」と
「ゆく川」 とのイメージの違いですが、「ゆく春」 という表現もあるように、私は 「ゆく」 に
水や時間の動きが、よりはっきりと感じられます。 自分はとどまらざるを得なくて、佇み、
見送る ...そのような心象風景です。どんなに下流の果て、河口から流れをみても、
「来る川」 とは言わないですね。 「うたかた」 はフランス映画の邦題にも使われました。

追記 : 「方丈記」 で思い出すのが、『建築の世紀末』 (鈴木博之、晶文社) です。
20年位前に買いましたが、チェスタトンの引用も好きです → 日記 2008.11.21
後世に語り継がれるような和歌や随筆は、物理や工学の原理に全く無知であっても
ものごとの本質を捉え、教えていると思います。 言いあらわされる現象が、どうして
生じるのか、探究し続けるのが、科学者ということになるのでしょうか。 科学によって
解明されていく事柄が、日本人の自然観を裏打ちすることにもなるのでは ..,
 
・・・ 技術は、ひとつの目標を設定し、その目的に合致するように世界を抽象して、
有益な体系をくみ立てる。つまりは極めて意識的な世界把握が技術の根底にはある。
 水の流れを眺めるときにも、「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず」
と観じたり、「世の中は何か常なるあすか川、きのふの淵ぞ今日は瀬となる」 と歎ずる
ところに技術はおこらない。流れを流体と見て、その力で水車を回したり、瀬と淵の
不安定をとり去って安定した水を得ようとするところに土木事業がおきる。 そうした
技術発想は、川を情緒を含めた全体としてなかなか捉えない。勿論、和歌や随筆に
よって描き出される川は、川の一面的な姿でしかないけれど、技術的発想によって
捉えられる川も、同じように一面的なものにしかすぎない。問題なのは、技術的発想に
よって川を捉える人は、そうした自己の把握を一面的なものとして限定しようとしない
点である。 
 (同書 260頁)

スペイン民謡 「愛のロマンス」 (禁じられた遊び) 作詞 : 薩摩忠  ※2節、4節目
川のそばを通る風は           水は雲のように流れ
水の声をはこんでくる          時は影のようにうつり
水の声は帰らぬ日を           思い出だけ今も深く
耳にささやく                胸にとどまる


弟にもらったwhite day のお菓子のことを近日中に。冷え込みが続き少し疲れました。
タイトルは修整、3/21の追記と3/20のスペイン民謡の順を変えました。
by lumiere6 | 2012-03-20 22:50 | la vie

一年が過ぎて ..

3月10日、東北大学脳科学グローバルCOE 拠点事務局発行 (2012.2.28) の
Tohoku Neuroscience Global COE  5years report 2007-2012
highlighting 2011」
が届きました。 「脳神経科学を社会へ還流する教育研究拠点」 の拠点リーダー、大隅典子教授がお送り下さいました。昨年の大震災では、ほんの僅か
医学部等に募金しただけですが、立派なレポートを拝見して月日の速さを実感し、
改めて、地域全体の暮らしが着実に復興しますように願われました。  

レポートは全71頁、オールカラー  (括弧の文言は目次より抜粋)
「研究成果」 14名の拠点メンバー、「国際研究交流」 北米神経科学会の参加ほか
「若手研究者に訊くグローバルCOE 、その5年間」 若手3人の座談会の形
「社会との接点」 「脳カフェ」、「みること、えがくこと 脳科学とアートとの対話」 など
「若手フォーラム」、「若手支援の5年間」 と沢山の写真にも若い活気に溢れています 

脳科学若手の会 http://brainsci.jp/  ロゴは木の実の芽生えのシルエットです。

『人生の知恵  サン=テグジュペリの言葉』 山崎庸一郎/訳編、弥生書房、1980年
ひとつの文明は、一本の樹木のように、ひたすら、種子の宿す活力から萌え出る。
種子はさまざまに変貌し、分化し、根、幹、枝、葉の茂み、花々、果実など、多種多様な
器官となって自己を表現する。にもかかわらず、種子は唯一にして不可分であり、かつ、
これらの諸器官は発現した種子の活力にほかならない。   P130 「城砦」

真実の書物とは、それぞれの単語がひとつひとつの目をつくっている網のようなもので
ある。網の目の性格などさして重要ではない。重要なのは、猟師が海の底から引きあげ
た生きた獲物、網自身のあいだでひかる銀鱗の輝きである。  P86 「人生に意味を」

重要なのは自分の生きるよすがとなったものがどこかに残っているということだ。
さまざまな慣習でもいい。家族の祝いごとでもいい。思い出を秘めた家でもいい。
重要なのは還ることをめざして生きるということだ。  P138 「ある人質への手紙」 


2つ目の引用は、行間を読むという概念よりも、 「書物」 をインターネットのメディアに
置き換えて考えてみたい。 網は逆にゴミや芥をふるいにかけて、あらわにもできる。

追記 : 我が国の海原や水資源、そして日本人の清廉な心が護られますように ...
「法の網をくぐり抜ける」 という表現を思い出す。があるが、安全を脅かす諸々が
「一網打尽」 になるように。 「網なくして淵にのぞむな」 準備や用意が大切ということ。

「艱難にあって初めて真の友を知る」 キケロの言葉だそうですが、東日本大震災で
米国は別格として、台湾がまっ先に支援に駆けつけ、暖かな募金や励ましを続けて
下さったことは、本当に忘れがたいことです。  3/14
by lumiere6 | 2012-03-13 22:27 | la vie

薔薇、そして苺の香り 

今夜は写真だけ、UPします。 追記 : 近くに住む甥と姪のプレゼントの花束です。
淡いピンクと深紅のスプレー薔薇でした (昨年は薔薇のプリザーブドフラワー)

c0087710_931011.jpg 弟は、香川県の苺 「女峰」 1箱と北海道・
 野付産の帆立貝柱2個を贈ってくれました
c0087710_1411204.jpg

人生の半ばを過ぎてしまうと、女性にとって誕生日は決して触れたくないものですが、
ぷち贅沢と称して、フルーツとさらに大粒の帆立貝柱を来年のリクエストにしました ^^;

苺は甘みのなかに完熟した酸味が効いていて、本場の貝柱と共に素晴らしいです。

追記 : 失敗と反省です。7日、あることで自分のミスに気づき、担当の方に修整を
お願いしました。ところが同じ箇所に他にもあるとすぐ分かり、再度打ち明けかねて
とうとう今朝ご連絡して直して頂きました。1つのことだけ対処しようと焦り、しかし
ためらってしまい恥ずかしさが増します。落ち着かなきゃと自分に言い聞かせつつ
正しい記述を間違いだったと錯覚して訂正をお願い、実は正しかったと再訂正..

メイルだけでは申し訳なくて電話でお詫びしたとき 「仏の顔も3度」 と自分から
言いながら、あわせる顔のない心境でした。
自戒をこめてここに記録、詩を載せるのは取りやめます。 3/8

追記 : 苺はあと4粒になり、箱の 「生産者名 眞鍋勇雄」 を試しに検索しました。
こころグループ KOKORO GROUP」 という素敵なサイトがあり、眞鍋さんは会長です。
平均年齢38歳、香川県木田郡三木町の若手生産者グループだそうです。

朝に夕に、美しい瑞々しい味わいを5日間堪能しました。いままで 「とちおとめ」 や
幾つかの品種を知っているだけでした。色々食べ比べてみたいものです。
空き箱からも苺の甘い残り香がします。

P.S 後志産の選別外風の、とても小粒な淡い色の苺も好きです。男性がいろいろな
タイプの女性を好む気持ちは、お料理や食物に譬えられそうでしょうか。 3/10
by lumiere6 | 2012-03-06 23:50 | mémoire

§ 雛祭り

お雛様は、翌日すぐに収めると言い伝えられてきて、翌日お出ましも何ですが...
旧暦で考えることにしましょう。 実は昨日少し風邪気味でした。

c0087710_11405472.jpg
きよらなる やまとおとめの ももとせの
     無事を祈りし 花の防人  
 -m- 

ももとせ : 百年、転じて長い年月  

写真は、福井朝日堂 (京都) のグリーティングカード
10年以上前に購入しました。

2011年は → こちら 2007 ~09、2010年にリンク


頂きものの羊かん (横浜市 清水製餡所) 北海道十勝の小豆、長野県の寒天を使用。
泉区の直売所では、自家製の餡や関連商品を取り揃え、ホカホカの 「手まり焼き
(今川焼き)」、夏は、つぶ餡タイプの 「あずきアイス」 が人気だそうです。

草だんごは先月、べこもち粉によもぎ粉をたっぷり入れて、本当は蒸すのですが、白玉の
ようにゆでました (市販のべこ餅は私にはやや甘いので、手製は砂糖類なし)。翌日でも
適度にコシのある柔らかさで手軽に作れます。 国内産の蓬粉 (西宮市 山本貢資商店)

c0087710_12152949.jpgc0087710_121914100.jpg

桃の木は、古代中国で邪気を祓い除く霊木とみなされていたそうです。
by lumiere6 | 2012-03-04 12:20 | mémoire