<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「プチ薬学のお仕事」 講演会  in 北大祭 2   

「復活! 薬学祭2011」 で表題の講演会を途中から拝聴しました。プログラムは ↓
http://www.pharm.hokudai.ac.jp/information/yakugakusai2011.pdf

産業技術総合研でのお仕事

扇谷 悟さん : 産業技術総合研究所北海道センター 所長代理
3月までつくばセンターに勤務、大震災時の地震で大きな損害、研究費を充てている
北海道センターの研究 : 植物による有用物質生産技術の開発 (犬のインターフェロンを
 作るイチゴで犬の歯周病薬。不凍タンパク質 (凍結濃縮抑制、受精卵の保存に利用 )
産総研の経営と戦略、個人の研究評価 (4月 目標設定、3月 自己評価、グループ長が
 面談、第一次評価を決定、部門長が(最終評価?) A B C D (B=100%) 

※ 「評価」 については研究内容と別の興味深さがあり、きちんと書き取れず残念でした。
目標設定で 良い例は 「完成する」 「感度を5倍」 、 ×は 「検討する」 「評価する」
具体的に明確であることが望ましいようで、普段の生活でも見習いたいです。
ほかに少しメモしましたが、乱雑で不確かなため略します。産総研ウェブサイトを検索し、
お話に該当、あるいは関連していると思われる箇所をピックアップしました。


産総研北海道センター > 生物プロセス研究部門 > 植物分子工学研究グループ
> トピックス   http://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-pmt/index.html
2.完全密閉型植物工場システム
http://www.g-mark.org/archive/2007/best15/07D01022.html

> 最近の研究成果 http://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-pmt/result.html 
(1) イヌインターフェロン-α生産イチゴの開発

産総研北海道センター > 機能性蛋白質研究グループ / 北海道大学 大学院
生命科学院 生命融合科学コース 津田研究室
http://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-fpr/index.html#SlideFrame_1
> NEWS > News List  
http://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-fpr/News/News_list.html

13. インキュベーションフォーラム 平成21年(2009年)12月17日 
「産総研,特殊なペプチドを使って細胞の寿命を延ばす技術を開発
~ 黒毛和牛受精卵の低コスト・チルド輸送を目指した取り組み ~
http://venturewatch.jp/aist/20091217.html

12. 日経BPニュース 平成21年2009年10月8日 「産総研、魚由来不凍
たんぱく質の分子機能解明、ニチレイフーズと09年5月から試供品提供」
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?newsid=SPC2009100868311

追記 : 2011/07/31   シミックCMO(株)管理部グループ長 金内徹さん、
Novartis Pharma K.K. SCIENTIFIC AFFAIRS  中井祥二さん 他 お二人の
お話も少々メモしましたが、家の中や机周りを整理したときに捨ててしまったようです。
写真は 「漢方展示  ~ ご存知? あなたの知らない漢方の世界 ~
桂皮、 甘草、葛根 など、薬学部セミナー室にて。同窓会誌 『芳香』 を頂きました。
c0087710_1735335.jpg

[PR]
by lumiere6 | 2011-07-17 23:58 | 北大 セミナー他

「すばらしい台湾マンゴー」 in 北大祭 1

ひと月過ぎましたが、2011年の北大祭のよい思い出を少々お伝えします。

6月4日(土) 薬学研究院と環境科学院のイベントのどちらも行きたくて迷いました。
環境サイエンス・トークの最初が、フランス人のようなお名前の博士研究員でしたから
お聞きしたかったのですが間に合わず、結局、薬学講演会の途中から参加しました。
ごく簡単なメモは後日に。 終了後は留学生の出店めぐりをしました。

台湾のコーナーでは、マンゴーのカットが大きめの透明カップに入って、500円でした。 
みずみずしい輝きを放つ果肉、香りも素晴らしく、なめらかで上品な味 ..デジカメ撮影を
忘れてしまうほどで、食べごたえも十分でした。私はスーパーで安いのを数回買っただけ
です。 初めて本物の美味しさを知りました。 果実1個 1000円にとても心が動いたけれど
贅沢かと我慢しました。 来年はぜひ、たっぷりと味わうつもりです。  

パイナップルケーキを試しに買って帰りました。 小さな、やわらかいクッキーのようで中に
固めのジャム風の (多分パインのペースト) が入っていました。 去り際に、少し話をした
女子留学生が台湾の観光資料のファイルを下さいました。 控えめで素直そうな方でした。

「台湾を遊ぼう」 は普通のパンフのようですが, 「無限大のおもしろさ!台湾の鉄道旅行」
は、商業的な雰囲気が殆どない、書籍に向かうような楽しさをもたらしてくれます。
カラフルでさまざまなデザインの列車や歴史の面影を残す駅舎の建築スタイルが,豊富な
写真で紹介されています。  ある頁のキャプションをとても嬉しく思いました。

追記 : 山岳鉄道の絶景と森林の散歩道、南国情緒、台湾海峡と太平洋の眺望 .. など
眺めていると行きたくなります。竹田駅には 「池上一郎博士文庫」 という図書室がある
そうです。軍医だった博士が寄贈した日本語の蔵書をもとに発足、今では5000冊に及ぶ
らしく、写真では天井まで沢山の本が収められています。マンゴーかき氷も美味しそう ^^

右上のファイルはA4対応、表面にプリント。 右下の台湾バナナは札幌エスタにて
07/10  入力ミスや表現を少し修正

c0087710_112552.jpg
c0087710_1132218.jpg
c0087710_1134584.jpg

[PR]
by lumiere6 | 2011-07-10 01:27 | la vie