<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第11回 「先輩と語る」 講演会  薬学概論

薬害の歴史と薬物治療のリスク管理 -サリドマイド被害者の立場から―
6/25(月) 18:30~20:00  於 : 北海道大学薬学部臨床薬学講義室
演者:佐藤嗣道 博士 (東京大学大学院医学系研究科薬剤疫学講座)主催等は
http://www.pharm.hokudai.ac.jp/information/senpaitokataru11.pdf

配布資料 : PPT 69枚分(A4判6枚綴り両面)  佐藤先生が理事長をなさっている
(財) いしずえ (サリドマイド福祉センター) による資料5頁、統計や年表ほか
HOME → http://www008.upp.so-net.ne.jp/ishizue/ 事務局休業中?

資料とメモより一部をご紹介させて頂きます

お話の内容は 「サリドマイド薬害事件(1957-62)の歴史と教訓」、
「サリドマイド再承認(2008)とリスク管理の重要性」
薬)有効性―臨床試験―薬効評価、安全性―市販後調査、薬剤疫学―リスク評価

日本の販売停止は1962年9月、しかし回収が徹底していなかったため、その後も
被害者が生まれた。米国FDAは1960年許可せず。1961年11月 レンツ警告
レンツの症例対照研究 (ケースコントロール研究)* の結果 (1962) 

1965年 ハンセン病の症状緩和を報告、以後ブラジルで製造・販売を再開
1998年 FDAハンセン病に承認、06年適応追加(多発性骨髄腫 日本は08年10月
新聞記事:1971年1月28日(朝日)サルの胎児にも奇形、京大の実験で立証ほか

「誓いの碑」 1999年8月 厚労省の正門を入って左、薬害エイズ事件を機に建立
医薬品による被害 サリドマイド、スモン、HIV感染を明記

S.T.E.P.S.(ステップス) サリドマイドの教育と安全な処方のためのシステム
System for Thalidomide Education and Prescribing Safety 米国

サリドマイド被害者の意見 (財)いしずえによる被害者への郵送アンケート 02年8月
使用の全面禁止 34%、 厳しいルール作り 58%、 わからない・その他 9%

TERMS : Thalidomide Education and Risk Management System
サリドマイド製剤安全管理手順 藤本製薬株式会社TERMS管理センター ↓ 
http://www.fujimoto-pharm.co.jp/jp/iyakuhin/thalido/index.php

Lenalidomide [レナリドミド / レナリドマイド] 日本は2010/06/25承認
製品名 RevlimidR[レブラミド]再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬

・薬の文化水準をどうやって上げていくか。 ヨーロッパでは古い薬局は神秘的な
雰囲気、特別なものなのだ。日本人は薬隙といわれるが、日本には危険性を
きちんと認識した上で飲むか飲まないか判断する文化がない。なぜだか分からない。
気を使って気をつけていく文化があれば安易に使われることがなくなり、大事な薬が
世の中から無くなることがなくなる。

筆者検索 
役に立つ薬の情報~専門薬学> 統計学> コホート研究、ケースコントロール
大学生 (薬学部大学院修士課程2回生) のホームページ

神奈川歯科大学 > 医学統計学 > 医用統計・保健統計学 : 臨床編
http://www.kdcnet.ac.jp/college/toukei/index.htm
2. ケースコントロール研究とコホート研究  森實敏夫(内科教授)
http://www.kdcnet.ac.jp/college/toukei/statistics/observe.htm

4年次前期専門科目群Ⅰ (選択科目) 2単位 薬剤疫学 11回目
城西国際大学薬学部医療薬学科生物薬剤学講座. 児玉庸夫教授
http://www1.jiu.ac.jp/~biopharm/20080424-1.pdf
コホート研究(要因・対照 Prospective Study) とケースコントロール研究
(症例・対照 Retrospective Study) を比較。 全54頁のうち19頁目で、
レンツ報告を外国事例の1つとして課題を提示しています

サリドマイドをめぐる諸問題 『看護』 2003年8月号 p.80-85 著者:福田一典  
http://www.1ginzaclinic.com/scope.html

サリドマイド電話モニタリング協力依頼書  サリドマイド安全性確認センター
http://www.dsrujp.org/monitoring_iraisyo.pdf

松田教授(医学部長)が学生たちに統計学をきちんと勉強するように叱咤激励
ケースコントロールのオッズ比を理解できず検索したけれど、私には無理でした。

[PR]
by lumiere6 | 2010-08-26 20:35 | 北大 セミナー他

時は八月

このところ、ある医療分野の調べものをしていました。歴史的なこと、環境、食品関連も
混じり、頭が一杯、しかし非常に興味深いです。 それで更新が滞っています。
北大 薬学部の 「先輩と語る」 講演会は、第11回、第12回も参加しました。
配布資料がありましたので、殆どメモしてしていませんが、いずれ一区切り後に
僅かでもご紹介したいテーマです。 

ふるさとの夜に寄す                いまは 嘆きも 叫びも ささやきも
              立原道造         暗い碧の闇のなかに     
                             私のためには 花となれ!
やさしいひとらよ たづねるな!          咲くやうに にほふやうに
― なにをおまへはしてきたかと 私に       この世の花のあるやうに 
やすみなく 忘れすてねばならない        手を濡らした真白い雫の散るやうに
そそぎこめ すべてを 夜に ……         忘れよ ひとよ …… ただ! しばし!              
              
       とほくあれ 限り知らない悲しみよ にくしみよ
       ああ帰ってきた 私の横たはるほとりには
       花のみ 白く咲いてあれ! 幼かった日のやうに


c0087710_1541271.jpg H ..........
 U unique , universalité   
 M matin , maintenant
 A arme , alimentation
 N ........
  I  intérêt , intelligence
 S sacrifice , sagesse
 M massacre , morale   
 E éxces , éqillibre
 ?

12日に生けた庭の紫陽花、
言葉は何となく選択しました。
épreuve , esprit
[PR]
by lumiere6 | 2010-08-15 15:28 | la vie