<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

5月の風

c0087710_2159619.jpg
われやはらかに夢を脱ぎ或る日の朝に床をいづ、
日は庭に満ち、花ひらき池の水面に鳥啼けり。
昨日は知らず、明日は知らず、今日しも風は西東、
                  万障の上に吹く。
おほらかに照る天地よ、
若き生命の戸を出でて春の心を謝しまつる。  

風に寄せてうたへる春のうた八章* 三木露風 
 

c0087710_10435741.jpg
忘れようとしても忘れられぬ花 リラと薔薇
春がその衣のひだに まもりつづけたその花々

リラと薔薇 ** ルイ・アラゴン, 金子光晴/訳


リラの季節ですが、撮る機会がなく、庭の木瓜にしました。
一年中で大好きな5月の思い出に。  * 最終節のみ
** 部分  『愛のフローラ』 山中哲夫/著より
学生時代出会ったアラゴンの 「薔薇と木犀草」 も好きです
写真を変えました。(札幌市北区 05/22)    訂正 : 光春 → 光晴   05/24
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-22 22:56 | mémoire

第17回 PharmaScience フォーラム  4

10.武田 宏司先生 (北大薬学研究院臨床病態解析学 教授)
「食欲不振の病態と臨床へのアプローチ」
・なぜ食欲不振の研究を行うのか / 食欲調節のメカニズム
・北大病院栄養サポートチーム (NST) について  同病院HP >> 栄養管理部の紹介
医師17名 (外科4、内科8ほか) 薬剤師、管理栄養士など 計54名 (本年4月現在)
http://www.huhp.hokudai.ac.jp/medical/nuts.html

・進行がん患者における身体症状の出現(食欲不振と全身倦怠)、有効な対策殆どない
摂食調節、概念、レプチンとグレリン * 、食欲不振を改善させる試み。小動物を用いた
食欲不振モデルの作成と病態の解明
1)CDDP(シスプラチン)投与時  2)老化/高齢者  3)社会的隔離/心理面ストレス

・CDDP誘発食欲不振ラット、セロとニン受容体のサブタイプと消化管機能への影響、
食欲に対する六君子湯の影響と各成分のセロトニン受容体に対する阻害活性

・加齢による食欲不振のメカニズム (レプチンが高いことが言われている)
高齢マウスは空腹時の血漿グレリン上昇が見られない。 外因性グレリンに対する
感受性が落ちている。 レプチンは視床下部弓状核NPY/AgRP ニューロンレベルで
グレリンの摂食シグナルをブロックする。六君子湯各成分のPDE3、P13Kに対する
阻害活性みつかる

・社会的隔離ストレス (マウスを孤独にする) による摂食量の変化
5-HT受容体拮抗薬の効果、中枢神経系における5-HT2C受容体の局在
若年と老齢マウスの比較。 高齢になると、孤独は余計ストレスとして感じられると
考えられる。 例えば、家族と離れて遠くから北大に入院という状況

*ghrelin 胃から分泌される成長ホルモン分泌促進ペプチド (食欲抑制)
 leptin 脂肪細胞から分泌されるペプチドホルモン (食欲亢進)


病院栄養サポートチームの話題に関連して追記
非常に興味深く読んだ日本経済新聞4月23日 (金)朝刊の全面広告です。 
座談会― 患者視点に立った病院食の重要性を考える ~ 安全・安心の長寿健康
社会の実現に向けて ~
  [出席者] 西澤寛俊氏 (全日本病院協会会長)
石長孝二郎氏 (国立病院機構東京医療センター栄養管理室室長)、 服部幸應氏
(服部栄養専門学校校長)、小野寺眞悟氏 (日本メディカル給食協会会長)
コーディネーター 渡辺俊介氏 (国際医療福祉大学大学院教授)
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-21 20:58 | 北大 セミナー他

第17回 PharmaScience フォーラム  3

8.福土 審先生 (東北大学医学系研究科行動医学 教授)
「過敏性腸症候群脳腸相関と情動のモデル」
・emotion が重要なkey、 機能性ディスペプシア(functional dyspepsia)
・RomeⅢ*の診断基準、IBS(irritable bowel syndrome:過敏性腸症候群)
うつとの関連も考えられる。不安障害との合併率高い  ...
・PETとも組み合わせて内臓感覚の脳画像解明、脳と消化器系統調べる
・大腸刺激部位による脳の活性差、内臓刺激による自律神経反応
・内臓知覚大脳誘発電位:他者暗示で変容、suggestionと直腸刺激
・難治性IBSに対する自律訓練法(自己暗示)の効果
・性格リスク Alexithymia ...  ・様々な遺伝子の研究

・脳‐腸‐細菌相関が最近のトピック.. 脳腸相関(brain-gut interactions)
全体的なQOLは腸内環境が左右しているのではないか、リサーチ進んでいる
IBSにおける Corticotropin-releasing hormone(CRH)の役割
抗うつ薬SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)or心理療法の臨床効果
遺伝子多型との関連を研究 ...   ・ウィスコシンカードソーティングテスト

【筆者検索・注】
※ 福士先生は「機能性消化管障害国際ローマⅢ委員会」 委員でいらっしゃいます
Rome III Functional Gastrointestinal disorders International Committee

消化管運動-目にみえない消化器疾患を追う  Vol.9 No.1
第5回 日本Neurogastroenterology (神経消化器病) 学会
特別講演 「RomeⅢ」 Douglas A. Drossman UNC Center for Functional GI
and Motility Disorders, University of North Carolina Rome委員会理事長
[監訳]福土 審東北大学大学院医学系研究科行動医学分野教授
http://neuro-g.umin.jp/neuro-g/publication/5-kai%20PDF/9-1_38-41.pdf

同上 Vol.9 No.2 ランチョンセミナー 「RomeⅢを日本語で解釈する」
本郷道夫 東北大学病院総合診療部教授 http://neuro-g.umin.jp/neuro-g/publication/5-kai%20PDF/hongo%20lunchon%20semi%200902_25-29low.pdf

9. 尾崎紀之先生(金沢大学医薬保健研究域医学系神経分布路形態・形成学 教授)
「胃の痛覚過敏に関わる一次知覚神経の感作機構」
・体性痛と内臓痛の違い (表形式)
  普遍性 / 組織損傷との関連 / 関連痛 / 局在性 / 運動および自律神経系反射
・内臓痛と情動、密接な関わりを持つことが示されている、メカニズムの解析
  皮膚および内臓に分布する無髄の一次知覚神経の脊髄内投射様式の違い
・胃の痛み、特に胃潰瘍動物モデルの開発 (ラットの胃の中にバルーン)

・上腹部の痛み その原因は、Organic 器質的、Functional 機能性
胃の知覚神経の単一神経記録による炎症性メディエーターの効果、神経成長因子
(Nerve growth factor:NGF) は胃の知覚神経の興奮性を亢進、胃潰瘍で見られる
痛覚過敏はNGFが関与。ストレスによる消化管の運動や痛覚の異常、実験とプロトコル...

〔まとめ 〕  ・内臓痛には体性痛と違った特徴がある
・内臓の痛みを受容伝達する一次知覚神経終末は脊髄へ広く投射しており、内臓痛の
特徴的な性質に関わっていると思われる
・管腔臓器のバルーン伸展は、動物に痛み、あるいは少なくとも不快な感覚を引き起こす
・実験的反復ストレスを加えると痛覚過敏が見られ、本モデルは機能性胃腸症の解析の
ために有用と思われる
・ストレスで見られた痛覚過敏にはCRF (コルチコトロピン放出因子 Corticotropin releasing
factor) が関与していると思われ、機能性胃腸症のメカニズムとして重要と考えられる 
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-20 20:01 | 北大 セミナー他

第17回 PharmaScience フォーラム  2

6.加藤総夫先生 (東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター神経生理学)
「侵害受容性扁桃体におけるシナプス可塑性」
・2009年の「「名古屋ペイン2009」*(日本ペインクリニック学会第43回大会、第31回
日本疼痛学会)、トヨタのロボット、マービン・ミンスキー**MIT教授について
・国際疼痛学会では「痛み」と「侵害受容」をわけている。***  情動と感覚
痛みの生物学的意義 .... 以後、ますます難しく用語のみ少々  恐怖条件づけ / 条件づけ味覚嫌悪 / 内臓不快感 / 痛み誘発情動行動
  脊髄後角 / 扁桃体中心核外側外包部CeC / シナプス応答

【筆者検索・注】
* 加藤先生の演題、シンポジウム2 「痛み情動記憶固定化のシナプス機構」
http://www.secretariat.ne.jp/pain2009/program.html

** MIT人工知能研究所創設、映画「2001年宇宙の旅」人工知能HAL9000アドバイス
『The Emotion Machine :Commonsense Thinking, Artificial Intelligence,
and the Future of the Human Mind』-『脳の探検』 竹林洋一/訳、共立出版
『The Society of Mind 』 - 『心の社会』 安西祐一郎/訳、産業図書

3国際疼痛学会による痛みの定義 
International Association for the Study of Pain (IASP) 1986
An unpleasant sensory and emotional experience associated with actual
or potential tissue damage,or described in terms of such damage.

痛みとは (国際疼痛学会による定義) 痛みの重要性  済生会新潟第二病院
http://www.ngt.saiseikai.or.jp/04/event_pdf/kenkou_suraido_itami.pdf



7. 池田 和隆先生 (東京都精神医学総合研究所 精神生物学)
「オピオイド作用個人差の遺伝子メカニズム」  
1. オピオイド作用の個人差  2. ミューオピオイド受容体遺伝子
3. GIRKチャネル遺伝子  4. 網羅的遺伝子多型解析  5. テーラーメイド疼痛治療

モルヒネの名はギリシャ神話に由来 (モルペウス Morpheus)
鎮痛薬感受性の個人差 : 遺伝要因(ゲノム解析で解明) と環境要因
オピオイド受容体の種類 : μミュ (モルヒネ) δデルタ (輸精管)  κカッパ (ケトシクラゾシン)
 
WHO がん疼痛治療指針の5原則 *
1. by the mouth   2. by the clock    3. by the ladder
4. for the individual    5. with attention to detail

ヒト個人差の遺伝子研究にマウス系統差の研究が役立つ。ヒトは個々人で遺伝子が
かなり異なる。マウスの系統内は殆ど均一。モルヒネの効き目が悪いCXBKマウス
系統での減弱した鎮痛薬効果の遺伝子メカニズム。 ヒトにおけるミューオピオイド
受容体遺伝子多型の同定。 ヒトでの鎮痛薬感受性と遺伝子多型との関連解析方法
感受性評価方法の例 (健常者で下顎骨を削る手術) ...

ウイーバーミュータントマウスでの鎮痛薬感受性の低下  
ゲノムワイド関連解析 GWAS (genome-wide association study)
「体質」 を 「遺伝子多型」 として科学的に解明、テーラーメイド゙医療への応用へ

【筆者検索】  
快情動発現の分子メカニズム
http://www.prit.go.jp/Ja/PTokyo/TMolecpsy/GIRK/ikeda1.htm

鎮痛薬感受性個人差の遺伝的因子 Anesthesia 21 Century Vol.10 No.3-32 2008
Genetic Factors for Individual Differences in Sensitivity to Analgesics
東京歯科大学口腔健康臨床科学講座歯科麻酔学分野   小林大輔Ⅰ, Ⅳ 
東京都精神医学総合研究所分子精神医学研究チーム  笠井慎也Ⅱ  池田和隆Ⅲ
http://www.maruishi-pharm.co.jp/med/libraries_ane/anesthesia/pdf/32/32feature02.pdf 「しかしいかに優れた鎮痛薬であっても, 「心の痛み」 までは消し去ることはできない
ことをわれわれは改めて理解する必要がある。」
上記 “おわりに” の結びより

財)東京都医学研究機構 知的財産活用推進室 研究シーズ集
12.GIRKチャネルを標的とした鎮痛薬、抗精神病薬の新規開発
東京都精神医学総合研究所 池田 和隆,西澤 大輔,笠井 慎也
http://www.igakuken.or.jp/sangyo-renkei/seeds/s12.html

国立がんセンター > 医学情報> がん疼痛の治療  更新日07/03/07
http://ganjoho.jp/professional/med_info/care.html
『がんの痛みからの解放 WHO方式がん疼痛治療法 第2版』
武田文和/訳、世界保健機関/編、金原出版

[PR]
by lumiere6 | 2010-05-19 16:03 | 北大 セミナー他

第17回 PharmaScience フォーラム  1

「心のいたみ・お腹のいたみ」 5月14日(金) 13:00~18:30
北海道大学 領域融合研究ユニット 心身相関学研究室キックオフシンポジウム
http://www.pharm.hokudai.ac.jp/information/pharmascience17program.pdf
連絡先 :南雅文先生 (北大薬学研究院) 配布資料 :演者10名の各1頁の要旨綴
以下はメモ、プログラム順に番号を付けました。15時、第2セッションより参加

4.井上 猛 先生 (北大医学研究科精神医学分野)
「恐怖条件付けストレスに対するリチウムの効果」
大うつ病性障害の治療アルゴリズム、 抗うつ薬の治療効果の増強について臨床的
理由により研究、ラットの実験 : 内側前頭葉皮質の細胞外セロトニン、 SSRI *
選択的セロトニン再取り込み阻害薬 の併用によるセロトニン濃度、恐怖の条件付に
惹起されたすくみ行動 (freezing) *Selective Serotonin Reuptake Inhibitors

5.古屋敷智之先生 (京都大学医学研究科神経細胞薬理学)
「ストレスによる抑うつ行動における炎症関連分子の役割」
どのように動物の社会的行動の選択が行われるか、 本能・学習・気分
友好的行動と対立的行動、プロスタノイド(炎症に関わる生理活性脂質) 情報伝達系
疾病時のストレス応答におけるEP受容体の関与、不足 : 懐かず、扱いにくい
実験 : EP1欠損マウスは社会的行動が減弱、攻撃性を呈する、細胞ドパミン上昇
ドパミンD1受容体阻害薬 SCH23390は運動に影響するのではなく、攻撃性を抑制

繰り返し社会的挫折ストレス(マウス) 1日10分の攻撃暴露、行動試験への馴化、
社会行動忌避反応試験、..EP1欠損マウスでは社会挫折ストレスの知覚と記憶に
異常がない、繰り返し社会挫折により脳内EP1mRNAが特異的に増加。
側坐核のGSK3リン酸化 (Glycogen Synthase Kinase-3) 上昇を認めない。

COX-1阻害薬 SC-560は社会挫折ストレスによる社会行動抑制を消失させる
現在、LPS * と繰り返し社会挫折ストレス後のミクログリアにおける遺伝子発現の
変化を解析している。 * LPS リポ多糖( Lipopolysaccharide)、 

【筆者検索】  
京大医学研究科神経細胞・薬理学教室 HOME > 研究内容
プロスタノイド受容体の病態での役割解析と薬物制御の研究 
2) 脳神経系におけるプロスタノイドの働き http://www5.mfour.med.kyoto-u.ac.jp/J/research/prostanoido/prostanoido.htm

JSTトップ > プレス一覧 > 科学技術振興機構報 第403号 > 用語解説 より
http://www.jst.go.jp/pr/info/info403/yougo.html
アゴニスト (agonist) 作動薬、アンタゴニスト(antagonist)、遮断薬(blocker 

拙メモ 「脳科学と社会」研究開発領域 第3回 「脳神経科学と倫理」 WS
赤ちゃんの脳、子どもの脳 -科学と育ちの学びの倫理- 2007/03/05

[PR]
by lumiere6 | 2010-05-17 14:44 | 北大 セミナー他

終りころ参加した講演会で、 EPR

5月11日午後、第1回バイオマス検討会の報告会が北大学術交流会館で開催
されました。 所用の帰り、終わり頃でしたが資料を頂きたく、岩原栄氏(足寄町)の
「森林未利用資源から木質ペレット製造 (北海道) 」 に滑り込みました。フロアとの
意見交換後、北大サスティナビリティ学教育研究センターの辻宣行先生が総括
なさり一旦時閉会。 メンバーの方々が議論を続け、17時45分頃まで傍聴しました。

配布資料  「農産物残渣の燃料としての評価と課題」 A4 カラープリント 11頁
        道立総合研究機構 産業技術研究本部

バイオマスのエネルギー収支比(EPR)分析と道内の取り組み事例
北海道バイオマス検討会 2009年度報告書、 2010年3月、 A4、 70頁
編集 : 北海道大学サスティナビリティ・ガバナンス・プロジェクト(SGP)
     もったいない学会 EPR部会

EPRとは Energy Profit Ratio (エネルギー収支比) の略、“社会に生み出される
エネルギー“を、 ”その活動に投入するエネルギーの総和“ で割った値だそうです。
上記書3頁 (天野治氏 : 電力中央研究所、もったいない学会理事)
(図1-4 EPR  出典:Chakes.A.Hall, State University of New York) より

辻先生のまとめよりメモ   ※太字は筆者
〔森林業の病弊〕
1.外国剤の輸入、価格競争  2.担い手不足、高齢化
3.外部環境の変化(坑道用例が不要)
〔森林価値への注目〕
1.水源、洪水防止、水の制御  2.土地の保全(土砂崩れ防止)
3.漁場保全   4.“環境”への価値  5.生物多様性   6.里山


その他 (各発言者不明) メモより
・森林は使われなければ意味がない
・北海道では製材所が発達してこなかった。その歴史的な検証を
・カラマツはそもそも坑木、足寄では昭和30年代に植林、建築材に不適格で梱包用に
・集成材には、カラマツは硬いので適している。昔より技術が発達しており、値段は
 変わっていない。付加価値をつけて開発しなければ。
・ツーバイフォーなら狂わず、問題ない。
・いかにうまく木材の利用を広め、使っていくか考えていく
――――――――――――――――

森林の存在そのものの価値がもっと社会的に評価されてほしいです。
山の保水力が減退すると大雨で水が走り、地盤が緩み、たちまち大災害になります。
↑ ↑
と思っていたのですが、本日拝聴した柿澤宏昭教授(北大農学研究院) のお話では、
木の根は浅く、大きな山崩れを防ぐ力はないそうです。 ただ適正に管理することで、
土壌の侵食や水源涵養、災害防止の機能が維持されるようです。  05/13 夜
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-13 14:17 | 北大 SGP関連

最終講義  池田元美教授 (北海道大学)

まだ雪の残っていた3月23日、北海道大学大学院地球環境科学研究院の
大講義室 (D201室) で、池田元美教授の最終講義が英語と日本語で2回
続けて行われました。英語の部には留学生が多かったそうです。

演題は 「エールをおくる」。  少々メモしましたが、池田先生のHPに資料が
公開されたそうですので、そちらをぜひご覧いただきたく思います。
http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/~mikeda/Jpage.html
右側の 「LIST 」 の 「講義はこちら」 をクリック → ・最終講義<pdf file>

終盤の 「科学を志す者は」 より、幾つかご紹介させていただきます。
・ 予防原則より一段踏み込んだ情報を出す
・ 地球が持っている正のフィードバック機構を明らかにし、精確な将来予測を行う
・ 確かになるまで何も言わないのはいけないが、いい加減な警告をするのは
 さらにいけない


近年、池田先生の研究室の方々に市民の前で環境のお話を頂いたことがあり、
小さな私的な集まりでしたが、科学者としての姿勢、発言に気を配られ、終了後
ご見解をご教示下さいました。 先生のあたたかさに油断せず、公的な場合は
責任や誠実さをもってきちっと向かうことを知らず知らず学ばせて頂きました。
自覚、自省、自戒という言葉とともに、ご恩が思い出されます。

現在、東京に在住なさり 「環境教育コンサルタント」 として第三の人生を歩まれる
らしいです。上記HP (Environmental Education Consultant/EECO
http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/~mikeda/consul.html

池田先生は米国、カナダで十数年に及ぶ研究生活を送られた後、北大で英語に
よる論文の書き方、口頭発表の方法、さらに議論の仕方も講義なさり、ご尽力により
国際コミュニケーション法特論が開講されたそうです。外国人留学生と日本人学生の
双方に、環境科学分野の将来にも非常に有益なカリキュラムと思います。

懇親会で北海道大学ファカルティハウス 「エンレイソウ」 内レストラン 「エルム」 に
移り、インドやネパールの留学生の方と片言でお話しました。 満員の会場で楽しく
時間が過ぎ、お開きの玄関前でサプライズ! テーブルの上にクッキーの箱などが
色とりどりに並び、参加者はお土産に1つお選び下さい、とのこと。

桜色の花の形をした和菓子に惹かれましたが、心にしっかり記憶されたので、緑茶を
いただき、しみじみ懐かしむことにしました。 有難うございました。 札幌にいらっしゃる
機会がおありのはずですが .. これからもどうぞお元気で! 

追記 : 池田先生は、大学院まで航空学・流体力学を専攻、ポスドク渡米後は、海洋学、
極域気候学、地球温暖化に関するご研究と、スケールの大きな問題に取り組まれ、
大学院の教育も重要な課題としてエネルギーを注がれました。  05/07
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-06 22:15 | 北大 セミナー他

すずらんを贈る日   

フランスでは、5月1日にすずらんを贈ると1年間幸せが続くというならわしがあり、
この日は可憐な花束が街のあちこちで売られるそうです。 2009年の日記

この春、ある取り組みのログマークに、札幌市の花、すずらんモチーフにした作品が
選ばれました。新聞にデザインが掲載されていましたが、とてもおしゃれで素敵です。
作者は女子高生! 札幌市保健所のHPで画像や詳細が広報されたら追記します。

c0087710_11105159.jpg      さらさらと小川が流れる
      谷間へ私は行った。
      バラを摘みに、バラと
      鈴蘭を摘みに行った。      シャルル・クロス
  
文庫クセジュ 『花の歴史』 L.ギヨー,P.ジバシエ 串田孫一訳


追記 : 画像は、■ さっぽろ食の安全・安心推進協定ロゴマーク です。
谷川愛さん (北海道札幌平岸高校デザインアートコース2年生 (製作時1年生) の
作品です。 デザインコンセプトと表彰式の様子は、下記に。

札幌市保健所ホームページ > 生活衛生情報 > さっぽろ食の安全・安心推進協定
http://www.city.sapporo.jp/seikatsu-eisei/ANSHIN/kyotei.html

7月13日~14日、「 『さっぽろ食の安全・安心推進協定』 ロゴマーク作品展」 が
札幌市役所本庁舎1階ロビーで開催予定です。 (最優秀、優秀、応募作品)
同コースは、ポスターやロゴマークなどで活躍しています。第10回 全国高等学校
ファッションデザイン選手権大会 (ファッション甲子園) 出場するそうです。06/02
[PR]
by lumiere6 | 2010-05-01 23:27 | la vie