人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Sapporo Winter Cancer Seminar 2010 より

2月6日(日) 9:30 「がん治療におけるDDS」 演者 松村保広氏
   (国立がんセンター東病院 臨床開発センター がん治療開発部部長)

・DDS研究の背景
分子標的薬(外国の製薬会社が高比率、流行と過大な期待。血液毒性軽減、延命効果
テーラーメイド治療、副作用(出血、間質性肺炎等) 英政府ソラフェニブ (肝がん) 承認せず
  
ナノテクが生物学の限界を乗りこえる。 DDS-ナノテクとバイテクのハイブリッド
日本の医薬品の輸入超過割合 (メモ間違いかと思うほど高い数字なので伏せます) 
副作用対策、ECO-MEDICINE を目指す (医療費全体の軽減)

Taxol VS Abraxan の臨床試験 (デザイン、結果略)  費用対効果分析 :
価格自体はTaxol の2.5倍、副作用対策費がなく、最終的に患者負担が低い

・ミセル製剤の基礎から臨床まで
EPR効果 : Enhanced Permeation and Retention  抗がん剤の内包ミセル
東京大学の片岡一則教授*   シスプラチン内包高分子ミセルの TR研究 ..略
工学系研究科マテリアル工学専攻・医学系研究科附属疾患生命工学センター (兼任)

・がん治療におけるパラダイムシフト
ヒトがん組織の腫瘍血管と間質、すい臓がんは間質が多いので腫瘍内拡散に不利に
働くのでは、ミサイル療法がうまくいっていなかった。 結語とQ&A 略

間質をターゲットにコントロール・リリースに優れた革新的DDS製剤のドラッグデザイン
抗コラーゲン4抗体 (すい臓がんモデルでの抗腫瘍効果、新戦略のアウトライン ..

追記 :
秋田大学大学院医学系研究科 血液・腎臓・膠原病内科学分野   澤田賢一教授が
2度ほど治療費の問題に触れました。金銭的に大変、若い人が途中で?来なくなるなど。

(注)治療費の大部分は高額な薬剤費で、病院側の利益には殆どならないらしいと、
別の講演会や情報で見聞してきました。 主に欧米の製薬大企業の薬剤です。03/06

お二人目の工藤先生は殆どメモしていませんし、他の先生方についても乱れ書きです。
いま資料等と照らし合わせて整理するいとまもなく、これで区切ります。
by lumiere6 | 2010-02-23 12:57 | 上記外 講演会等

セミナーのとき頂いた業界紙など

急遽勉強したいことが出来て、更新の余裕が少ないのですが、気分転換に少々

2月7日(日) 「第24回 札幌冬季がんセミナー 2010」 でロイトン札幌に行きました。
前日午後から開催されていましたが、この日は会場の近くに用事があり、先月の北大
「生体ナノ環境の時空間制御を目指して」 に関連するプログラムだったからです。
セミナーの副題は ”いまがんを考える -診断学の進歩によるがん治療の新展開-”

受付で 横12㎝, 縦20.8㎝ のハンディな冊子を頂きました。プログラム、演者の略歴と
講演要旨が見開き2頁に記載され、23年間 (1987年~) の演者一覧表があります。
今回初めて知ったのですが、専門的ですけれど、無料で事前登録不要は参加しやすい
です。会場入り口のフロアに色々な印刷物が展示され、自由にお持ち下さいとのこと。

『医薬産業ビジネスマガジン Yakugyo Jiho 』 2009 12/25 (見本) 
Japan Medicine』 2009 12/25、 2010 2/1 
Japan Medicine MONTHLY』 №001 2月号  いずれも(株)じほう発行

こちらも初めて眼にして、時々読み直しています。個人的に購読するのは大変なので、
例えば薬局などに一部置かれていたら、お客さんが興味を持つのではと思います。
紙媒体には、インターネットと違う利点があります。1部だとすぐボロボロになるでしょうか。

このセミナーの主催は、財団法人 札幌がんセミナーと大鵬薬品工業。私は正露丸の
会社と勘違いして、しかも抗がん剤は海外の大手製薬会社が有名なので不思議でした。
いまサイトをみると栄養ドリンクに覚えがあり、がん分野事業があるようです。

※タイトル変更 「セミナー会場で頂いた業界紙など」→ 「セミナーのとき頂いた業界紙など」
by lumiere6 | 2010-02-18 22:35 | 上記外 講演会等

最近のシンポジウムから

2月1日、 サービス工学のシンポジウムに参加しました。 秋以降、脳科学や医学、
薬学系への参加が多く、今回、ある方のトークがとっても印象的で、いっそう新鮮な
楽しい気持ちに包まれました。当日の僅かなメモだけ下旬に ..

数年前、「Digital北海道」 06/10/27、 「感性技術」 07/03/27 他の講演会で
「オントロジー」 という言葉に興味を持ちました。産総研のホームも検索した覚えが
あります。部外者ですが、下記 のシンポジウムをご案内させていただきます。

--------------------------------------------------------------
サービスイノベーションのための基盤技術と活用事例
  主催 : 独立行政法人 産業技術総合研究所 サービス工学研究センター
  共催 : サービス産業生産性協議会
  後援 : 関西サービス・イノベーション創造会議
  日時 : 2010年2月10日 (水) 12:30~17:30
  会場 : ザ・リッツ・カールトン大阪 (大阪市北区梅田2-5-25)

以上、産総研のホームページより。参加無料です。詳細は ↓
http://unit.aist.go.jp/cfsr/2010/symposium0210/
--------------------------------------------------------------

検索すると 「サービス工学研究会」 を見つけました。サービス工学研究会>
http://www.service-eng.org/contents/about.html

久々に、私のPCに保存しているサステイナビリティ学のオントロジーに関する報告文を
眼にしました。大阪大学産業科学研究所 溝口理一郎教授、 国立情報学研究所/兼務
東京大学人工物工学研究センター 武田英明教授のご研究などが記録されています。
余裕ができたとき、もっと詳しく調べたいです。

12/15 北大薬学研究院で、慶應義塾大学教授の吉村昭彦先生の特別講演を拝聴
しました。70行ほど入力したメモは、いつにもまして恥ずかしい出来で未公開にします。
最初のほうでお話しのダイオキシンとTh17、 後半の γδT(ガンマ デルタT)細胞の欠損と
脳虚血障害の抑制・その後の神経細胞死のprevention について関心が高まりました。
by lumiere6 | 2010-02-06 16:14 | 上記外 講演会等