<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北大SGPセミナー : 市民参加型の水環境の保全・管理

11/29(木) 15:00 ~ 17:00   於: 北海道大学
講師 :山本佳世子准教授 (電気通信大学大学院情報システム学研究科)
※ある会議と重なり、終わり頃16時半すぎに着きました。しかし質問等に少し延長
 下さり、加賀屋誠一 教授ほか先生方のご見解も伺うことが出来て良かったです。

【資料】
・Reports of the City Planning Institute of Japan №1 2003/04/25
「マザーレイク21計画(琵琶湖総合保全整備計画)における河川流域単位の試み」
Challenges at the River-basin Level in Mother Lake 21 Plan (Lake Biwa
Comprehensive Conservation Plan) 山本佳世子・水田有夏志・西川真介

本文によると琵琶湖は三重県の上野盆地周辺で約400万年前に誕生したそうです。
1965年~1994年の 「琵琶湖集水域の土地利用変化」 図では大津市や草津市の
ある南湖岸域などで市街化が顕著です. 過去の保全対策は、特に下水道事業に
置かれたため、〔水質保全、水資源涵養及び自然的環境・景観保全のための各種
施策〕 が必要になり、以下の基本理念が掲げられたそうです.

  「琵琶湖と人との共生 (琵琶湖を健全な姿で次世代に継承します)」
資料の後半に河川流域単位での取り組みの意義が述べられています。
わが国では、ほかに諏訪湖集水域のみで行なわれている地域特性を生かした取り
組みとのことです.


・日本環境共生学会発表論文2005 「日本の湖沼地域における水環境保全・管理
活動に関する研究」 Water Environmental Conservation and Management
Activities in Lake Regions of Japanya  山本佳世子

【メモ一部】 ・住民と市民 (環境意識を持って行動する住民) を分けて考える.
・滋賀県南部は人口増加が続いている。  ・琵琶湖北部にある余呉湖について
・〔マザーレイク21計画〕 昭和40年代の水質に戻そう

質問 : 水利権をめぐって過去に争いも起きたそうですが、住民の方々は環境を
特に意識せずに先祖伝来の水資源を大切に守って来たのではないでしょうか。
本州には、北海道に見られないような水に関する慣習・文化もあるように思います。
ニュータウンの人々やNPOの方々との考え方の違いや協調などについて?

先生方のご発言より
コミュニティとアソシエーション型、どちらかに特化か混在して協働、単独で活動が
琵琶湖の特徴. 林業、漁業、農業など職業として日常的に水に関わっている.

世代間の継続性を持っていくこと、伝えていくことが大事. 里山や棚田はまさに
そういう考え方. 本来サスティナビリティはそういう部分. その中で日本の風土が
作られてきた. 農業だけで生活できないので若い人が切った形、今の世でサポート
出来ていない. 維持できないのなら、どういう形に作り上げていくか、行けるか、
サスティナビリティの教育はそういうところにある. 我々がいやおうなく失っていく
ものを、誰が継続して行くか

守れないものを無理して守っていく必要があるだろうか. 日本全体を国際化の波に
飲み込ませたら、今の一次産業は成り立たない.

GDPだけでなく別のものさしを ..
  
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-30 23:58 | 北大 SGP関連

北海道洞爺湖サミット・環境セミナー

「洞爺湖で何が合意されるのか!? ~バリ(COP13)から洞爺湖へ~ 」
日時 :11/ 26 (月) 18:30~20:30  会場: 札幌国際ビル 8F 国際ホール
主催 :北海道地方環境事務所、 EPO北海道、(財)北海道環境財団

※ 各氏のPPT 48、18、18枚分の資料が配布され、殆どメモしませんでした。
  以下抜粋 (一部要約改変) ご紹介させて頂きます。

開会ごあいさつ (北海道地方環境事務所 所長 浅野能昭氏)の後、
講演
地球温暖化をめぐる最近の話題と北海道への影響について
村尾直人氏 (北海道大学大学院工学研究科 准教授) 環境首都宣言札幌市民会議委員
「地球温暖化」 温室効果気体の大気中濃度が人間活動によって増加し、短期間に
 温室効果が強まること (大気は地球儀に対しラップ1枚ほど)

GDPの報告書とIPCC第四次アセスメントレポートから、加速するCO2濃度の原因
65% 世界の経済活動の増加、 17% GDPあたりのCO2排出量の増加、18%
海洋シンクの有効性の低下-南極周辺の風速増加←地球温暖化とオゾンホールに起因
(将来予測、シナリオ別の数字を列記・解説) 地表気温の上昇は高緯度ほど著しい

IPCCの温暖化予測:シナリオは未来社会のあり方に関する資料、読み取るべき結論
 2度以上の温暖化は避けられない. 真のグローバリゼーションが不可欠
 貧困の解消, 環境技術の移転, 化石燃料依存からの脱却

地球環境問題は相互に影響しあう
 酸性雨の対策 ・・ ある問題の対策が別の問題の状況を悪化させる典型的例
 成層圏オゾン破壊 ・・ ある問題が別の問題の状況を悪化させる例

IPCC第3次作業部会の報告書、主たる結論
 (CO2)排出を削減しても、温室効果気体温度の安定化や気温、海面の上昇は
 何世紀も続く. 海面上昇:氷の融解による(数千年)、熱膨張による(千年以上)
 気温の安定は数世紀後、 CO2濃度の安定化(100 - 300年) 

地球温暖化の影響  二種類を分けて考える必要がある
1.平均気温の上昇により起こる影響 ・・ 海面の上昇-北海道の砂浜は約70%消滅 
 健康-感染症、熱中症(高齢者) 平均気温25℃、最高気温30℃辺りから患者発生
 その他-自然生態系、農林水産業-コメとリンゴ栽培地の変化の例
2.変動が大きくなることによる影響 ・・ 異常高温日の増加と以上低温日の減少
 水循環の活発化-渇水、洪水、集中豪雨、飲み水の供給、食糧生産への影響ほか

サミットに向けた環境関係の国際会合について 
小林 香氏 (環境省G8環境大臣会合等準備室長代理)  内容は略
会場からの質問メモ (数字はPPTの頁)
Q: P3 “車の両輪として進める環境保全と経済成長・地域活性化”の具体的意味
A: 典型は自動車産業、米国の排ガスに対する厳しい法に適合した日本のメーカーの
 環境に対する技術が進み、新たな生産によって保全と地域、経済が活性化、他に
 太陽光パネル
Q: P14 “3Rイニシャティブ (2)物品等の国際流通に対する障壁の低減“ について
 3Rの主旨に反するのではないか。  A:専門外なので調べて回答

Q: P16 日本が提案する3つの議題のうち、3R促進について +Refuseを.
 Refuse を入れて4Rを推進している自治体もある。生産・製造されつつあるものを
 Reduce (発生抑制)することは、経済活動とリンクしているので難しい。
 日本だけでなく先進国は、生活を見直す一歩踏み込んだ意思表示として、Refuseを
 +1 すべきではないか.
A: 4Rへの拡大も課題、検討事項とのこと. 言葉を選んだ慎重・丁寧なお答えでした.

北海道洞爺湖サミットで議論されることについて *
谷津 龍太郎氏 (環境省大臣官房審議官(地球環境担当)  
これまでのG8サミットと環境問題(2)、グレンイーグルズ・サミット(2005年・英)
 国の経済・外国戦略に明確な位置づけ.(ブレア首相) 炭素に値段をつける社会を
 作ろう、という英国の大戦略、環境税・排出権取引制度2005年、ヨーロッパに拡大

COP13. バリ会議 (国連気候変動枠組み条約 第13回 締約国会議) 12/3~14
焦点 2013年以降の新たな国際的枠組みの交渉開始
    森林減少に伴うCO2排出の取り扱い * / 適応対策
*森林減少によるCO2排出が増加、先進国・途上国のCDM (クリーン開発メカニズム)
共同プロジェクトで対策. 視点を変え、新しいシステムに移ろうとしている. 11/28追記

フロアディスカッション メモ
* 飛行機の故障により谷津審議官の講演を最後に変更、予定の20:30に一旦終了、
 延長して再び時間が設けられました。回答者名は記憶が曖昧につき略

Q: 低炭素社会の具体的事業について  
A:ハード(環境省の予算で自治体や民間企業の支援、温暖化対策普及への取り組み  
 ソフト(チームマイナス6%を国民に呼びかけ、削減の取り組みをお願いしている

中国は世界の工場となっている。米国や先進国が負担すべきではとの非公式見解が
あるのでは. → 現在、中国は世界第2位のCO2排出国、2009年には世界最大に
なるだろう. 中国自身も何らかの役割を果たすべきと言い出している.

公害対策(自動車の例)と温暖化対策を組み合わせる(コベネフィット・アプローチ)

環境に関する会議では、公共交通の利用、会場内の温度管理、対応した服装など
率先すべきだ. (フロアより)
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-27 17:56 | 上記外 講演会等

「21世紀・持続へのシナリオ」 (環境フォーラム)

びっくりドンキー presents 環境フォーラム2007 Vol.2
日時 : 11月 18日 (日) 13:00 ~ 15:00
会場 : 札幌グランドホテル別館 グランドホール2階
主催 : 株式会社 アレフ (ハンバーグレストラン ビックリドンキー ほか事業展開)
ゲスト : デニス・メドウズ博士 (インタラクティブ・ラーニング研究所所長) 『成長の限界』 など

外せない用事でプログラム最後の 〔対談〕 だけ拝聴しました。会場は超満員、
正面の大きなスクリーンにお二人の姿が映し出され、表情や仕草も伝わりました。
(同時通訳イヤホンあり). ㈱ アレフの環境への取り組みは道外でも注目されて
います。日経エコロジー2月号掲載について → メモ
公開するには乱雑なメモで恐縮ですが、主催者のサイトをご覧頂くきっかけに
なってくれればと思います。 


メドウズ博士
・地球に対して、他にどういうやり方があるのか. どこを見渡しても、国レベルで
 現実的な理解を以て見たことがない. エネルギー効率を上げるには、日本は
 技術的に進んでいる.
・足るを知る文化. もったいないという文化. 多分日本人はそういう伝統を持って
 いたと思う. 世界に伝えていかねば. 
・『成長の限界』 1~3と共に本も成長している. 2冊目の beyond the limit
 「限界を超えて」 は、超えた (超えてしまった)と訳すべきすべきタイトルだった.

バラトングループ について ・・
・助けあうネットワークについて大学のとき経験した. ノーベル賞の学者と一緒に
 ランチをして、「どうやって偉大な人になったか」 質問. 何度も言われたことは
 「人々の助け合うネットワークがあったから」. アメリカの文化において、例えば
 グループで尊敬しあうとグループ全体がパワフルになる.

〔番外検索〕
2004 年度第4 回朝食会 環境を考える経済人の会21 (通算第54 回)2004.7.8
ゲスト : アラン・アトキソン氏 (「カサンドラのジレンマ」 著者)
テーマ : カサンドラのジレンマが問いかけるもの
http://www.zeroemission.co.jp/B-LIFE/MORNING/mng200404.pdf
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-25 00:54 | 上記外 講演会等

§ 野山にあれば ..

c0087710_024845.jpg 暗い土を蔽う黄色が、
 淡い光を受けて行く手を示す
 生命を失くすものの最期のおののき
 踏みしめられる音は  11月の雨に消えて
 静かに朽ち果てていく、 大木の下に
 かつて人は見上げてその輝きを称え
 いまは不要のものとして 視野に入るだけ
 野山にあれば  めぐりめぐって
 春の芽生えに出会えるものを、 人が生きる
 街では  いずこかに運び去られ、そして .. 
                       -m-
 風が渦巻く猛吹雪の夜に、そぐわない言葉を連ねて良いものか、
 もう季節は一変したというのに ..  迷いました。  11/22 深夜      
 雪が降るまえに咲いていた薔薇  07/11/15 撮影

[PR]
by lumiere6 | 2007-11-21 23:54 | mémoire

環境関連の話題から

◆世界はいかに地球温暖化に立ち向かうのか?  市民向け公開講座 第2弾
 11/17(土) 14:00~ 17:20   於 :「U-cara」 内田洋行北海道支社 1F
主催 :北大「持続可能な開発」 国際戦略本部、公共政策大学院  後援:札幌国際プラザ

講演なさった4氏の内容がボリュームあり、資料が配布されて助かりました。
精華大学・北京大学教授の張坤民氏(元 中国国家環境保護局副局長) は
60枚(A4判、両面8頁) でした。他の方より質問が多かったようです。
一部ご紹介します。 メモをしておらず、やや表現が異なります。
お答えについては、記憶が曖昧ですので大幅に略していることをご了解下さい。

Q:〔中国における新乗用車販売、自動車汚染〕 等の資料を元に、鉄道の計画に
 ついて、展望は? 自動車の需要が強すぎて、高速道路建設が促進か?
A:中国とドイツ、日本との間で鉄道の技術協力が行なわれている (そうです。)

Q:〔原子力発電 〕 建設予定数の急増について、一部を太陽エネルギーなどに
 代替できないか、 安全面や廃棄物処理は ?
A:世界一高い割合のフランスは8割近く、中国は現在2%足らずで将来は4%

この質問には続きがあり、
「経産省でなく、環境省が原発の利点だけ挙げて、負の面に触れないのは、
筋が通らないのでは?」 というもので、環境省地球環境局長 南川秀樹氏が
廃棄物処理の安全性の科学的不確実性?と現実問題としての必要性を
お話しになりました。 

他には、「中国での環境教育について」、「環境省のG8の位置づけ?」 など。
ポスト京都 (2050年に向けた各国の協力)、廃棄物 (ゴミと共に汚染が移動)
生物多様性が柱のようです。なお、南川局長は、【北海道グリーンファンド】 の
取り組みを非常に高く評価なさっていらっしゃいました。

第3期 第6回 北海道環境教育ミーティング開催 説明会
11/14 (水) 19:00~21:00 環境プラザ研修室にて
昨年初めて参加して大変お世話になりました。あったかハートの方々です。

「インカのめざめ、アンデスの紅」 で作ったポテトチップスをお持ち下さったHさん、
黄色に縁の赤紫色がきれい、素材そのものの美味しさに大好評でした。 皮ごと
ふかした「北あかり」 は、規格より小粒で市場に出せない品とおっしゃいました。
粘りとほっくり感が程良いですのに! 廃棄される野菜は意外と多いらしいです。
価格の安定、生産者のA級品への誇り、消費者が見栄えで選ぶことなどが混じり
事態は変わりがたいのかしらと思いました。黒土で育ったじゃがいもは赤土より
安く見積もられるなんて .. 


北海道環境教育ミーティングの詳細内容は、随時ホームページ更新とのこと
http://www.epohok.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=50  
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-18 01:32 | 上記外 講演会等

大学図書館の活用

今夜、閉館間際に北大図書館から1冊借りました。 平日は通常10時まで
開いており、JR札幌駅にも近く便利で、本当はもっと活用したいです。
母校は卒業生が対象だったと思いますが、北大は市民も登録でき有難いです。

「持続可能な廃棄物処理のために  ― 総合的アプローチとLCAの考え方」
原書:Integrated Solid Waste Management: a Life Cycle Inventory.
フォーブズ・R.マクドゥーガル他著 (松藤敏彦 訳) 技報堂出版 2004年10月
 
北海道環境財団の図書室で見たとき欲しいと思いましたが、5,460円、他にも
読みかけの本が部屋のあちこちにある状態ですから、2週間の貸し出しを時々
繰り返して我慢しなくては。技報堂出版は、橋の本ばかり4冊持っています。

現在、別のことでかなり私的な時間をさいており、日記が滞っていました。
後日、数行追記するかもしれません。

追記 : 11/15
この本のCopyright は、Proctor and Gamble Technical Centres
Limitedです。驚きました。洗剤等の巨大メーカーです。 著者の 「まえがき 
第2版に対する序文 vii」 に、「なぜ ..」 が記されています。 (引用せず)
追記の日付を間違えました。

[PR]
by lumiere6 | 2007-11-13 23:59 | 書籍

こよなく優雅なる花かげに ..

c0087710_2362754.jpg 時期外れですが、しばしの休息に
 優雅なる花の姿を想いつつ ..

 そして、この七宝の花瓶は母の心
 長唄の藤娘も好きで、
 紫系が似合っていた。

 かくてこそ見まくほしけれ
  万代をかけてにほへる藤の花

          新古今和歌集

 吹く風と谷の水としなかりせば
   み山がくれの花を見ましや

          古今和歌集
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-08 23:31 | mémoire

【聞き書き】 北上川河口地域の人と暮らし

北海道大学サスティナビリティ・ウィークの第1日目、公開シンポジウムの*
後日、講師のお一人、宮内泰介 北大准教授のご研究テーマに関わる
冊子を頂きました。まだ部分的にサラッと拝見しただけで恐縮ですが、
ごく簡単にご紹介させて頂きます。  2行目 終了後 → 後日 11/04
タイトル :
   【聞き書き】 北上川河口地域の人と暮らし 宮城県石巻市北上町に生きる
   北海道大学大学院文学研究科 宮内泰介研究室 編
   2007年9月1日 (発行者も同じ)  A5判、 全110頁
  
自然の恵みを利・活用していた暮らしの変化と、開発や河川改修と共に変遷した
自然環境、生物多様性の減少などが、土地の方々によって語られています。
本文は 「谷地の章、水の章、山の章」 の構成、歴史的背景や地誌がコラムで
補足され、随所の写真も当地では珍しい光景であり、理解を助けてくれます。

炭 (焼き) のお話しから、茶道を習っていた頃が思い出されました。
その地域を訪れたことがなく、生活習慣が大きく違っているようでも、何かしら
懐かしいぬくもりを感じます。

「あとがき」 の 「歴史というものは残酷なもので、記録しないとなかったものと
されてしまいます。」 という宮内先生のお言葉に、はっと致しました。
そして、研究室の調査をサポート、ご協力なさった地域の皆さまへの感謝を
拝見し、90歳近い御方や多くの方々との心温まる交流が想像されました。

自然科学による種々の分析・記録は重要ですし、WEBの情報も便利ですが、
このような形で人の営みと声が伝えられていくことは、貴重な機会と思いました。

※ パンフレット3点、コウノトリモビールキットも頂きました。
 「兵庫県立コウノトリの郷公園」 (兵庫県教育委員会)
 「コウノトリ再び大空へ  -コウノトリと共生する地域づくりをめざして-」
                    コウノトリ野生復帰推進連絡協議会
 「おいしく安全なお米と生きものを同時に育む コウノトリ育む農法 〈コシヒカリ編〉」
    兵庫県但馬県民局地域振興部 豊岡農業改良普及センター

*「自然再生と地域再生 - 自然の順応的管理と社会 -」 → 拙メモ 
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-05 01:00 | 書籍

セミナー 「日本におけるサイエンス・ショップの可能性」

~市民社会が担う公共性のために~ 北大CoSTEP主催セミナー 第5回
日時 :10月31日(水) 18:30~20:00  於 : 北海道大学理学部
講師 : 春日匠特任助教 (大阪大学CSCD コミュニケーションデザイン・センター)

お話しは、CoSTEPジャーナル第1号の掲載論文に基づいていらっしゃいます。
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/18941/1/JJSC-36-46.pdf     
※ 文言の一部を削除・修正いたしました。  11/ 02


・マートンの規範 ・・ CUDOS (公有性 Communalism 、普遍性 Universalism
無私性 Disinterestedness、独創性 Originality、懐疑主義organized Scepticism
・ザイマンのPLACE ・・ 所有的、局所的、権威主義的、請負的、専門家的

メモは省きますが、 「サイエンスショップでどんな研究をすべきか、市民だったら
大学にどんな(研究)ネタを持ち込みたいか」 当日の受講者の答の一部です。
 雪国の公共交通のあり方-高齢者の冬の足は? / 投資を回収できる公共事業
 医師に地方に赴任してもらうために / 自転車は冬乗らないものと思っているが..
 本音しか話せなくなる薬の研究 / 政府がしない、地方独自の研究

・ ある種の比較対象、議論の基盤ができる. サイエンスショップがどこまで独立性を
 保てるか. 価値観の問題に踏み込むとコンセンサス会議がふさわしい
・逆に研究者(の立場) になったとき、こういう研究を受け入れられるかどうか.
・ハイテクで何か最先端で、科学誌に載ることだけでなく、ローテクでも組合せて
 地域に貢献できることをどう評価していくか. 共同体の価値観が大事.
・地方から何ができるか、科学技術コミュニケーションが北大にあることは重要

【個人的に検索】
科学と社会とジャーナリズム 村上陽一郎 (国際基督教大学教授) 2007/5/30
http://www.jnpc.or.jp/cgi-bin/pb/pdf.php?id=284
[PR]
by lumiere6 | 2007-11-01 23:31 | ***-e***t****