<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

北大SGP 「熱帯泥炭のCDM化」 ws

8/29(水)14:00〜18:00  於:北大SGP談話室  主催:北大SGP
北海道大学では本年3月まで10年間、インドネシアカリマンタンの熱帯泥炭地で
拠点大学交流プロジェクトを進めてきました。この研究を通して、熱帯泥炭を開発
すると泥炭が分解し、膨大な量の炭素が放出することが分かってきたそうです。
しかしバイオ燃料ブームにより、泥炭を開発してオイルパームを植える事業が
急速に進展しつつあり、地球生態系に対しても非常に深刻な事態になってきている
ようです。従って泥炭をCDM*化して泥炭の開発抑止と修復の促進を図る必要が
あり、今後を踏まえ、今回のWSを提言としてまとめるそうです。
(開催案内と開会挨拶を改変) *clean development mechanism
そこで、議論等のご紹介はごく一部に留めます。


資料】 PPTコピー等
[Tropical peatlands, CO2 emissions and climate: Marcel Sivius] 他3点
[Peatlands: Reducing emissions from Deforestation and biofuel
production UNFCCC SBSTA Side Event on Peatlands
8th May 2007 Bonn Faizal Parish GEC]

話題提供】 以下、メモ(約5頁)の一部です。
1.山形与志樹氏(国立環境研究所)
「ポスト京都での森林減少防止による温暖化対策ほか」 30分
・森林減少によるCO2排出量は、推定値で20%強を占める。
・森林減少防止について ・・ 途上国や米国、豪州が熱心
・RED*交渉経緯 1997(京都議定書3条3,4項) ~中略~  
 2007.7 ハイレベル会合(豪)→ 2007.12  COP13(パリ)でRED主題

・SBSTA* における主要な論点
①森林減少、森林劣化の定義 ②RED推進のための政策・インセンティブ 
③森林減少を定量的に把握、科学的・社会的・技術的な方法(炭素モニタリング)
・政策や資金 ・・ ブラジル方式 (ODA利用や先進国の援助)
 市場メカニズムを使った排出クレジット方式 (ボリビア、コスタリカなど熱帯雨林連合
 コンゴ盆地6ヵ国 (過去に遡って吸収源活動に補償を求めたい)
・日本の貢献 ・・ リモートセンシング技術、生態学的研究、研究プロジェクト
・報告は実利用に使われる。国際的な監視、(状況を)その国全体として見る
Q:森林泥炭林のポテンシャル、インパクト、位置づけなど 

* Reduced Emissions from Deforestation 森林破壊による排出削減
* Subsidiary Body for Scientific and Technological Advice
  科学および技術の助言に関する補助機関


2.浦口あや氏(三菱総合研究所 科学技術研究本部)「CDMの現状」 30分
・現行制度、仕組みの紹介、プロジェクト実施-関係主体-手順
 例:インドネシアの登録済プロジェクト、PDDと方法論、(私には難解で不明)
・中国広西省のプロジェクト (ARAM0001)概要、Greenhouse Gas 削減量の計算方法、
 事前推定結果のグラフ、モニタリングの難しさとコストの高さ
Q:地元コミュニティの収入源創出の具体的雇用 → 苗畑、植林地管理、伐採関連産業
Q:既存農業システムとの関係 → 少なくとも放牧等が営まれていない土地

3.小林紀之氏(日本大学大学院法務研究科・生物資源科学部兼担 教授
「吸収源CDMの可能性」)
20分 【資料】吸収源CDMの現状・課題と展開 全20頁
・CDMプロジェクト ・・ 部門別、一部の地域、国に偏在(経済性優先)
・森林吸収源の経済・社会的価値化   カーボンオフセットを日本でどう定着させるか
 CO2吸収証書 ・・ 高知県で既に実施、京都府、大阪府、和歌山県

4.平野高志氏(北大大学院農学研究院)「熱帯泥炭での炭素収支」 20分
・Carbon pool の脆弱性。大規模な野外操作実験「渦相関法」カリマンタンの泥炭地
・4年間のデータ(2002~2005)エルニーニョ年(2002)にCO2放出量増大
 降水量と光合成有効放射(太陽光)が少なかったことが原因
・排水路により地下水位の低下 → 泥炭の分解促進。RE(生態系呼吸)の関係
・人為的攪乱によって熱帯泥炭地のCO2放出量増加、

5.高橋英紀氏(NPO法人 北海道カリマンタン交流協会)
「熱帯泥炭蓄積量と熱帯泥炭火災」 
 20分
・メガライスプロジェクト地域、木の根が深く農地化は困難。
 9~10月火災が多い。泥炭が燃え木や根は残る。タバコのポイ捨も原因
・世界の泥炭地面積は 陸地の3%  ①露  ②カナダ ③アメリカ
 インドネシアは4位、 日本は42位  2,000 k㎡
・世界の泥炭中のcarbon量推定は難しい。地下水低下で加速度的に火災が増加
・回復のために、先ず水が必要。資本をかなり投下して水循環システムの適正化
・一番の原因は排水路(地下水低下を招く)。オイルパームの植林は大問題
       
~ 議論に移行、境界時点はメモが曖昧です。~
・農地にしても数年で使い切る。10年で約3m消失(泥炭の下は農地不適当)
・今までは開発中心だったが、サイエンス的に調べようという姿勢が現れてきた
・日本はどのように提言していくか。マレーシアにも貴重な樹種がある。
 全体を考えられる組織や国家なりが関わって取り組むべき  ~ 割愛 ~
・日本の人達にこの現状を見てほしい。11月頃から現地(インドネシア)の植林事業に
 人を送り込み、サポートする。
CO2だけに特化していくのは危うい。サイエンティストとして罠にはまる。
 心もとない。
 
 → オランダの研究者の生態系評価の話。

More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-31 22:11 | 北大 SGP関連

リサイクル,環境,教育・研究に関する特別講演会  武田邦彦教授

8月27日(月)北海道大学工学部B31 14:00~17:00 ほぼ満員でした
共催 北海道大学工学研究科岩盤力学研究室 
 〃  21世紀COEプログラム「流域圏の持続可能な水・廃棄物代謝システム」
後援 資源素材学会北海道支部
協賛 資源循環システムコース・廃棄物学会北海道支部

講師 中部大学総合工学研究所教授 武田 邦彦 氏
【資料】“ 環境と教育 ” レジュメ 全4頁   リサイクル / 地球温暖化 / 
 ダイオキシンなどの毒物の問題 / 教育と学問 / 学問の自由、言論の自由
 “ BUNGEISHUNJU 2007.7 『不都合な真実』 主犯は米国だ ” 全8頁

【メモ】 3ページ走り書きの中から抜粋、ご紹介させて頂きます。
環境・リサイクル編
・京都議定書、CO2排出量を過去の基準に合わせるのは疑問
・ペットボトルは素晴らしい容器なのに一回で捨ててしまう、大量消費の影
・ものづくりの心を忘れた人たち、ものを節約・大切にすること「日本人の誠」
・ペットボトルの再生利用割合ほか、リサイクル業界の参加者から公開質問

・対立した意見があっても議論して歩み寄り、1つの数字になること
・国民が判断する材料、正しい情報を流すことが重要
・環境省は重要な環境問題に手をつけられない。エネルギー(経産)、毒物(厚労)..農水省
・柏崎原発はなぜ情報が伝わらないか。建物を守ることが今の地震基準
・(戦前のある時期を例に挙げ)、日本はどこまで膨張したら戦争は終わるのか
 物質を作ることが脹らんでいる。どこが最終到着地か分からずヴァーチャル化
・遠く離れたものは感知できない。どこまで行くか、問いかけの時期

教育・研究編 
・伝達することを大学の役目としてきたことの延長線上にある。
・疑ってみる力で本来の能力が上がる。教育の目的とは、教育基本法第1条引用
・写真2枚。長崎被爆後、弟を背負い墓地に佇む少年とオッペンハイマー
・ヨーロッパ文化を疑っている。この200年間に欧米がアジア・アフリカに
 してきたことを考えると、真似をすることが (良いことか)

・産業界 ・・ 自ら有望と判断する研究開発を実施する
・大学 ・・ 有望と思われる研究は学問と無関係。この先が何か分かるなら、
 将来が見えるなら(研究)をしない。分からないから観測する。
・有望ということは(先が)分かっていることになり、矛盾する。
・大学は現在有望なことと、有望かどうか分からないことをする。

・産学連携での大学教授 ・・ 倫理に悖る行為が行なわれようとするとき、
 専門家として、それを防ぐことのできる唯一の人。予算に集まる青虫の比ゆ
・持論 ・・ リサイクルでお金をもらった人は、リサイクルについて発言してはならない。
 でなければ、日本にはバイヤスのかかった研究者ばかりになる。予算は平等に。
・民間の研究は、役立ちそうも無いデータが役立つことがある。ブレイクスルーもある
・大学は異論、反論が許されるところ。儲けが入ったら中立性自由が保たれるか

決定者|    神        主       命       福利   ↓
学者  |   神学者    法学者    医学者    工学者    
専門家|   牧師       弁護士     医師      技師
社会  |  悩める人    トラブル    患者      社会

・工学の一番上は何か? 工学は何をめざし、どういう教育をしていけば良いか
・医者は自分で医療方法を発見しない。生命以外のことを考えない
・国家や雇い主の上に、命令者は 「命」、理学部は 「真理」

・学問の神髄は、ある種のものの見方を教えること。レベルが離れていた方が良い
 TAだと実学的。学問の本質とは何かということになると周辺では成長しない
・教育とは現状の自分を壊すこと=苦痛であり、実力が接近した人にできるか
・教えるというのは、それくらい神聖なものだと思う

Q:エンジニアは専門家の自覚が少ない。職業ではなく会社なりを言う。
  なぜ技師と言わないのか、そこに倫理が絡む
A:専門性の保持は人数。専門家は依頼主より不特定多数に配慮
江戸時代の棟梁制。原子力なら設計者が(会見に)出てくるべき
※ 他の質問は略
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-28 22:04 | 北大 セミナー他

- ヨーロッパの風を感じて -      ピアノ演奏会

池原陽子&小崎ゆかりジョイントリサイタルc0087710_2336578.jpg 
 8/26 (日) 14:00 ~ 小樽市望洋台ウィングプラザ 
     
          ♪ プログラム ♪
小崎ゆかり
J.ハイドン    ソナタ №33 e‐moll Hob XVI-20
R.シューマン  幻想曲 C‐dur  Op.17

池原陽子    F.シューベルト  四つの即興曲より
          さすらい人幻想曲 C‐dur D.760 Op.15 


お二人とも小樽のご出身で、小崎さんは現在、ニュルンベルク音楽大学
aufbaustudium に在籍、夏休みで帰国中です。
池原さんは、ハンガリー国立リスト音楽院留学後、富山県にお住いです。
とてもダイナミックに流れるような演奏でした。アンコールはラクカラチャ など
楽しい連弾でした。    薔薇は 08/02 撮影
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-27 23:57 | la vie

研究院アワー 「環境経済学の課題と方法」  3

← 研究院アワー 1 資料 「第1章 環境経済学の課題と方法」 を部分的に
  引用 (一部要約) させて頂き、文献名を加筆しております。


4 環境問題の政治経済学
・環境問題の発生と政治経済の発展に深い繋がり、日本の旧財閥や企業Gの
 ルーツ支えた鉱業は、素材エネルギー供給産業として重要な役割を果たした。
 同時に基幹産業である農業に対して鉱害問題を引き起こした。→ 公害

・環境問題の経済学的分析、「汚染制御」 中心から 「アメニティ」、「自然保護」へ
・アメニティの概念 : 宮本憲一 『環境経済学』 岩波書店 1989
・イギリスのアメニティ概念 : 西村 幸夫 (東京大学大学院工学系研究科教授)
 「生態的に健全で、美的にここちよく、文化的に意味深く、経済的効率のよい
  都市空間」 (出典?)  都市計画における公と私の調和の課題
・ないものねだりでなく、あるもの探しが環境再生に必要

・経済成長 (growth) と 経済発展 (development) の違い
・ローマクラブ (1968~) 『成長の限界』 「サスティナブルな生態学的ならびに
 経済的な安定性」 を打ち立て、「全ての人の基本的な物質的必要を満たされ、
 人間的な能力を実現する平等な機会」 (Meadows et al 1972)

・新古典派的立場 : コルスタッド 『環境経済学入門』 1999
・批判 :環境破壊の原因は..都留重人 『公害の政治経済学』 岩波書店 1972
・環境破壊が起こるのは .. 植田和弘 『環境経済学』 岩波書店 1996
 → 情報公開や情報の非対称性の改善などの社会基盤が必要

まとめ
・真の経済発展とは何かを追及する立場が求められている。
『国富論 (Wealth of Nations)』 A.スミス 「万民の豊かさ」 がテーマ
 堂目卓生教授 (大阪大学) 出典不明
・本書 (吉田教授)のキーワード : サスティナビリティ (持続可能性)
 ケイパビリティ *(潜在能力) *アマルティア・セン 個人の能力と自由に焦点 
 ガバナンス (統治) 、「制約なくして発展なし」
Q: 将来世代に対する意志、具体的に何が必要か、 京大の学内環境税ほか

※ 損失の貨幣換算について、途上国の損失は少なくなること、人の生命の価値、
モデルづくりの問題、公害対策が進まないこと、国際会議での深刻な対立など、
整理して考えたいと思いました。


More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-26 23:57 | 北大 セミナー他

研究院アワー 「環境経済学の課題と方法」  2 

← 研究院アワー 1  資料 「第1章 環境経済学の課題と方法」 を部分的に
  引用 (一部要約) させて頂き、文献名を加筆しております。


3 環境とは何か 
経済学者による 「環境」 の定義、諸説を検討
・宮本憲一 (大阪市立大学 名誉教授) 『環境経済学』 P55 岩波書店 1989
  環境と自然を区別し、人間による加工と変化を重視している。
・植田和弘 (京大教授) 『環境経済学』 P4  岩波書店 1996
  ドイツ語のUmwelt (環境=周囲世界)に近い定義

・ダスグプタ (インド) 社会による利用のされ方と人間生活の質を問題にしている
・ターナー 他 (Turner,Peace,Bateman) 『環境経済学入門』 P15
・ハンレー 他 (N. Hanley,White,Shogren ) 環境の3つの基本的機能
 ① 再生・非再生可能資源の供給  ② 廃棄物の浄化、 ③人々に美しさを
  楽しむことやレクリエーションや精神的な充実などの自然サービスの提供

【文献:参考】
P.Dasgupta (Human well-being and the natural environment,
 Oxford UP, 2002, summary )

ハンレー 『環境経済学 理論と実践』 勁草書房  2005 ¥5,775 (税込)
 Environmental Economics, in Theory and Practice 1997
 http://www.ips.or.jp/05kanko/book.html

ヒール 『はじめての環境経済学』 東洋経済新報社 2005 ¥2,520 (税込)
  Heal , G., 2000. Nature and the marketplace:
     capturing the value of ecosystem services.


図表1-1 生態系サービスと 「人間の良い生活」
・環境は自然界と区別された人間の周囲世界であり、人間による変化と加工をえた
 歴史的形成物。 歴史性・共同性・地域固有性
・人工的環境も、自然環境を基礎としてはじめて存在できることを忘れてはならない
・問題とすべきは、環境-人間系、 重要な論点は、
  自然と環境の違い、コモンズ゙(共有地) / 過剰利用と誤用 /
  利用と運用と管理の違い 、公共財と環境 / 自然資本と人口資本

BOX 環境とは何か 公共信託理論
・人々は公共的な財産 (海岸、大気、水など) を行政に信託して利用
・自然保護の基本原則としての重要点
  公共信託財産の範囲、委託者及び受益者は国民
  「利用」の前提は公共的資源の保護、サスティナブル、景観・生態的なバランス維持
  国・自治体は公共信託財産の維持・管理義務がある
  「将来世代に対する環境倫理」 (現在の世代は過去及び将来の世代から信託)  
  視野を広げ、自然界を構成する全ての生物を委託者・受益者と考えることも可能    
畠山武道 『自然保護法講義』 P44-45 北大図書刊行会 2001(’04年第2版)
 北大法学部教授 ~ '05年~上智大学大学大学院地球環境学研究科 教授


4 環境問題の政治経済学、まとめ  → 研究院アワー 3

More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-24 23:58 | 北大 セミナー他

しろい薔薇と薄紅色

c0087710_23594831.jpg      まぼろしの薔薇      大手拓次
  Ⅳ
 まつしろいほのほのなかに、
 おまへはうつくしい眼をとぢてわたしをさそふ。
 ゆふぐれのこみちにうかみでるしろばらよ、
 うすやみにうかみでるみどりのおびのしろばらよ、
 おまへはにほやかな眼をとぢて、
 わたしのさびしいむねに花をひらく。

c0087710_002186.jpg   Ⅴ
  なやましくふりつもるこころのおくの薔薇の花よ、
  わたしはかくすけれども、
  よるのふけるにつれてまざまざとうかみでる
           かなしいしろばらの花よ、
  さまざまのおもひをこめたおまへの秘密のかほが、
  みづのなかの月のやうに
  はてしのないながれのなかにうかんでくる。

出典 : 「青空文庫」 Ⅰ~ Ⅷ   http://www.aozora.gr.jp/  

白薔薇を題材に、貴女がくちづけした跡は薄紅に、と詩を書いたことがあります。
一節目は、ふんわりと摘み取られた白い小さな花びら、貴女は幼子のように微笑み
黙ってさしだした。はらはらとこぼれ散る 朝の香気、・・・と続きました。(沈丁花)
選者(詩人)による、職場誌の掲載評は、「少し甘すぎる」 でした。
今は相当気恥ずかしい内容ですが、人に対して純粋だったかな、と思います。
後年、大手拓次の詩に出遭って惹かれました。
 薔薇は筆者撮影 8/21
8/22 朝、記事タイトルを変えました。


More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-22 00:35 | 文学、芸術 …

研究院アワー 「環境経済学の課題と方法」  1

8月21日 (火) 16:00~17:30    於 : 北海道大学地球環境科学研究院
  講演者 : 吉田文和 教授 (北海道大学公共政策大学院)
    座長 : 杉本敦子 教授 (同大地球環境科学研究院)

殆どメモを取りませんでした。下記資料は、実際に大学院の講義で使用している
テキストだそうです。少し引用・紹介させて頂きます。原文を所々改変しております。


資料】 ①第1章 環境経済学の課題と方法  全14頁
② 図2-1-1 生態系サービスと人間の福利の関係 出典:ミレニアム生態系評価報告書

はじめに    経済の語源 「経国済民(文中子礼楽)」 
経済の目的 ・・・ 所得は手段、何のための所得かの問いが大切
自由の拡大→時間と選択の機会増、 権利と福祉の拡大→充実した人生を全う
世界と日本における問題群の背景に、グローバル経済の進展、アジア経済の活況
→ 資源消費と環境破壊問題の深刻化、 資本主義経済を修正、改良して
どこまで諸問題を解決、経済の目的を達成できるか問われるようになっている。

1 地球規模における環境問題 
国連 『ミレニアム生態系アセスメント』 最新報告について、
水産資源の多くが悲惨な状態、生態系の破壊と悪化、絶滅危惧種の増大ほか
人間として最低水準の生活条件に欠ける人々が、一般に自然システム悪化に脆弱
地球の自然資産への脅威に対応することは、貧困への挑戦の一部と見なくては。

国連環境計画 UNEP 『世界環境白書 2002』 世界における4つの格差
①環境面  ②政策面 (政策開発と実施能力) ③脆弱性  ④生活様式

BOX 地球村1000人の話   (Meadows 1990)
63億人の地球を人口1000人の村にたとえてみると、 ..
・およそ3分の1の人々が清潔で安全な水を飲めない。林地が急速に減少 ..

2 環境問題への経済学的アプローチ
・W.ペティを起源に、現在の環境経済学の確立に至る マルサス、ミル、
 エンゲルス、マルクス、ピグー、カップ の著作や理論を概説
・一橋大学 寺西俊一教授による経済学的アプローチの8分類等について
・現在の学問的状況は、新古典派的立場からの環境経済論の展開と批判に焦点
・「環境経済学とは ..」 (Kolstad 1999)、 CVM (仮想評価法)

・日本の先駆的業績 ・・・ 歴史的に公害問題との実践的・理論的な格闘の中から
 生み出されてきた。  都留重人 『公害の政治経済学』 岩波書店 1972
 宮本憲一 (大阪市立大学 名誉教授 ) 『社会資本論』 有斐閣 1967

・吉田文和 ( 『環境と技術の経済学』 青木書店 1980) マルクスの 「人間と自然の
 物質代謝論」 と 『資本論』 体系に 基づいて、日本の公害問題の解明を試みた。

・新古典派経済学に批判的立場の経済理論の存在意義 1~4 (吉田 2000 ?)
  とりわけ大量生産・大量消費・大量廃棄の歴史的社会的分析が重要 /
  ダイオキシン汚染問題など 「市場の外」 にある無視されやすい問題も分析
  できる視野の広さ / 現実の環境政策に対して、政策当事者・参画者・制度
  などに注目、トータルな政治経済分析の枠組みを提供 / 経済活動が生み出す
  様々な 「外部性」 と、社会的弱者の権利・正義への視点を一貫してもってきた。

・日本のマルクス経済学と政治経済学は 欧米の Political science や socioloy の
 分野。 現代社会の批判的分析と問題関心を共有しており、学ぶべき点が多い。
・格差原理の提起 Rawls → アマルティア・セン (貧困、不平等、自由、 開発)
 持続的発展のグリーン黄金律 (HEAL) 最適成長と持続可能な開発に関する
 経済理論という論文を検索、数式と関数に give up


・エコロジー経済学の流れ、人間の自然支配力の高まりそのものが環境破壊の
 原因ではと考える。エントロピー経済学はエネルギー的側面に注目、地球温暖化
 問題など環境制約の分析に有効性を発揮することが期待される。

吉田教授は博士論文以来、群馬県など鉱山、土壌汚染を調査・研究なさって来た
そうです。会社史や有価証券取引等の記録も丹念に追跡・検証、公害対策をしても
会社は潰れないという実証に取り組まれたそうです。現在、カドミウムは自然濃度に
なり、会社・弁護士・住民・科学者が信頼関係を築いて会社を潰さないで来た。
経済発展と環境政策の両立モデル .. と感慨深そうに語られました。

入力ミスが多く、申し訳ございませんでした。 文献を加筆しております。8/25
3 環境とは何か ~  → 研究院アワー 2  

More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-21 23:58 | 北大 セミナー他

「 にぼしの胡麻ハニー 」

ちょっとエコな一品、お茶うけにもどうぞ。長崎産の無添加煮干しです。
ある方が、炊き合わせに煮干しをお使いになり、思いつきました。※広報公開済


c0087710_22315495.jpg 【材料】
 にぼし (出汁がら) 50g
 植物性油 大さじ1、
 すり胡麻 (白) 大さじ1、
 蜂蜜 (または三温糖) 大さじ1、
 にんにく 1/2 片、正油 大さじ1
 ミントの葉 少々、 お湯 大さじ1   

【作り方】
1.ミントの葉に熱湯を注ぎ、大さじ1に分量の蜂蜜を溶かします。 
2.油を引いたフライパンにニンニクを入れて温め、にぼしを炒めます。
3.焦がさないようにして1を回し掛け、水分を飛ばし、正油を振ります。
4.やや飴状になったらすり胡麻(白)を混ぜ、しっとりなじんだら火を止めます。

・ にぼしは頭とわたを取り、頭は捨てずに 「お茶の不織布パック」 に入れて、
 ティーバッグのように使い切ります。
・ 少量でも手軽に作れますが、出しがらを冷凍庫で保存、量をまとめても良いです。
・ 蜂蜜とミント(ティーも可)で生臭みが減り、ニンニクでコクが出ます。

[PR]
by lumiere6 | 2007-08-20 22:44 | la vie

§ ブログ 一周年

c0087710_23224612.jpg   ひつじぐさ /  そのかげの  
   はてしなき晝(ひる)のゆめ  

   めざめては
   なにとなくかなしく
   手をむねに
   そっとおきたることもありき
   かくて いつしかに
   あきかぜたちね

   「夏より秋」 神西清 (仏・露文学者)
   『愛のフローラ   ヨーロッパロマンを彩る花物語
   山中哲夫 著  同文書院 P148 1節目は3行
 
   紫陽花の傍の小さな薔薇は、秋までひと休みです。 写真 : 08/05    
   涼やかに 水面(みなも)に木立 かげ映し 憧れ眺む睡蓮(ひつじぐさ)  -m- 
.
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-16 00:00 | mémoire

オレンジブック・プロジェクト  大阪大学CSCD 4  

研究ノート 「現場力」 研究術語集
アクティブ・タッチ (Active touch)  仲谷美江 特任准教授


アクティブ・タッチとはGibsonが提唱した概念で、人が物体を触って認識するときの
探索的な触知をいう。人が視覚を使わずに物体を知ろうとするとき、指先を物体の
縁にそって動かし、形を捉えようとするやり方である。これに対し、手指は動かさず
皮膚に物体を押し当てるだけのような刺激の取り入れ方をパッシィブ・タッチという。
Gibsonは、いろいろな形のクッキーの抜き型を使って二つの認識方法を比較実験し、
アクティブ・タッチの方が形を正確に言い当てられることを示した。 - 中略 -
もちろん、この概念だけで現場力を捉えることはできないが、経験者と初心者の
現場力を比較考察するときの視点になる。
 (P227 より引用 全文の約4分の1)

――― モノローグ ―――
この項を読み 「なぜ積み木などの立体ではなく、クッキーの抜き型を使ったのか」
まず知りたいと思いました。Gibson も初めての私は、原文を探す途中に雑念が
増えてしまい、術語や概念と無関係ながら白紙状態でメモを残すことにします。
  
A.クッキーの抜き型本体は空洞、内側と外側から輪郭を触れられる。
  もし人間がミニチュア化して型に触れて歩いた場合、全体の形の把握は
  内・外どちらからでも変わらないものでしょうか。

B.実際に型で抜いて作る場合、クッキーの外側、生地の内側と2種類の輪郭
◇材料と型との関係 
 ・成型・成形ではなく型抜きだと、生地は型より僅かでも大きい必要がある
 ・極言すれば、10gのクッキー 1つのため1㎏の材料を用意しても構わない
 ・材料の分量が必要量と等しい場合、最後の一個は型に寄せ集めて成型?
 ・型抜きできる生地(硬さ、粘りなど)でなければならない

C.クッキーの形ではなく材質の変化
◇オレンジピールやナッツを入れる。生地に対する割合が多いほど、小さな粒ほど
 各クッキーに偏在が少ない。型の境界線にある具は、型で切断されない硬さなら
 型の内側から除かれる。手作りだと柔軟に対応できる。
◇生地に混ぜないで、型を置いてから表面に具を一定量散りばめると均一
 ・自然素材・その加工品より、製菓工業品を混ぜるとほぼ同一のクッキーになる
 ・混ぜるものを全てすり潰しても均質のクッキーができる。予めよく混ぜること
  (下線部加筆修正 08/15)

当たり前のことを延々と書いたのは、「型を抜くこと」と「市民意見の選出、抽出」を
関連づけられないかと考えたからです。しかし浅はかでした。
人の気持ちは変化します。確固たる信念の粒は、最後まで味も性状も変わらない
でしょう。混ぜるものの糖分、塩分、油分などが生地にどれほど影響し、攪拌・成形
加熱過程で変質するのか、出来上がりはパティシェの腕次第でしょうか。

Observations on active touch.Gibson, J. J. (1962)
 Psychological Review, 69, 477-91
http://www.cogsci.umn.edu/OLD/calendar/past_events/millennium/files/0101000501.html 
 
注 : 掲示Siteは、個人的に選んだものです

More
[PR]
by lumiere6 | 2007-08-14 18:17 | 書籍