<   2007年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Une soirée artistique    

c0087710_015791.jpg
うたたねの はかなき夢の中にだに
   千千の思ひはありけるものを
               藤原良経

Valse de l'opera Faust (F. Liszt)
Modern Times / Spring song
Tambourin (18世紀舞曲)
Walzer, op.39-15 (J. Brahms)
Hush little baby / LIBERTANGO
黒に赤の花一輪

Carmen et Juliette
真紅と純白の花

[PR]
by lumiere6 | 2007-07-31 01:31 | 文学、芸術 …

博物館セミナー 「深海堆積物に記録された急激な気候変化」

21世紀COE新自然史科学創成セミナー  第176回 総合博物館セミナー
7月28日 (土)13:00 ~ 15:00  於 : 北海道大学総合博物館
講演 : 阿波根 直一准教授 (北大大学院理学研究院 自然史科学部門)
メモ
・PETMにおける炭酸塩の溶解。Paleocene/Eocene Thermal Maximum
暁新世/始新世境界温暖化極大イベント。人間活動による地層の記録はありうる
・新ドリアス期 (高山植物の名前、急激に地球が冷えたためヨーロッパに繁茂)
・ハインリッヒ事件 (氷山の流出、氷河が成長して切れて海に達し、流れていく
・ダンスカード・オシュガー(D-O) サイクル
・世界で最も古い水はカリフォルニア付近 (水深2000m、二千年位)
・過去の深層循環を復元する方法 (深層水の見かけ年齢 サンゴほか)

まとめ (画像の文字をメモ)
・過去に生じた気候変化(変動)のうち、近未来予測と比較可能なイベントが存在
・特にPETMは来世紀以降の地球環境を検討するモデルとして利用できる
・約百年から千年スケールの変動については、メカニズムが特定できていない
 ものの、少なくとも半球規模では気候に影響を及ぼすことが明らかである。
 遷移間隔が数十年とすれば社会システムに影響を及ぼしうるので、今後
 更なる研究が必要である
               * * * * * * * * * *
帰途、学術交流会館で 「第21回 北海道薬物作用談話会」 が開催されて
いました。B5版の 〔プログラム・要旨集〕 を頂きました。もちろん難解な状態です。
それでも拝聴してみたかった演題があります。(頼んだら入れたでしょうか)

・圧力負荷刺激が骨格筋細胞の増殖と分化に与える影響についての検討
・種々薬物と青汁における相互作用の調査
・特別講演 「痛みによる不快情動生成の神経機構」
  南雅文教授 (北海道大学大学院 薬学研究院 薬理学研究室)
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-28 23:51 | 北大 セミナー他

北大SGPセミナー   地球研とプロジェクトの紹介

7月25日(水) 15:30 ~ 17:00   於 : 北海道大学
演題 : 総合地球環境学研究所の目指すもの
講演者 : 白岩 孝行氏 (総合地球環境学研究所 研究部准教授)

【配布物】
「地球研のあゆみ 2001-2006 研究成果№1 」 
「Humanity & Nature Newsletter 8月号 」 A4版 隔月、オールカラー
「 総合地球環境学研究所 要覧2007 」 全72頁 オールカラー (写真)
 http://www.chikyu.ac.jp/rihn/topics/topics_20070629.html
 新疆ウイグル自治区の砂漠、白く見えるのは地表に集積した塩。
 約3000年前は緑豊かな土地であったと推定されるが、農業開発による
 地下水の過剰取水のため不毛の地となった (表紙写真の解説より)


c0087710_23192043.jpg研究例 (見出し等を引用)
1-3 FR  Full Research  P42
社会・生態システムの脆弱性とレジリアンス
(Resilience:環境変動の影響から速やかに回復)
3-5 PR  Pre-Research P52
人間活動下の生態系ネットワークの崩壊と再生
2-9 FS  Feasibility Study  P54
伝統的農業の検証にもとづく未来型農業の提言

【メモ】 5つのプログラムに基づく地球研からの報告、個々のプロジェクトを
 新たに領域設定  1.循環  2.多様性 3.食・資源 (健康を含める) 
 4.環境史・文明 (人と自然の相互作用 オアシスプロジェクト) 5.超域地球環境学

オホーツク : 夏季における植物プランクトンの生産を制限している原因は鉄 
鉄の経路・・・大気中とアムール川。 陸面、農業、森林伐採とか影響を及ぼして
いるのでは。 仮説の検証→海洋観測が重要。鉄の供給プロセスが見えてきた。
当初の仮説はほぼ間違いないだろう。

三江平原における溶存鉄の濃度分布。湿地、畑地、水田の季節ごとの比較
湿地が鉄のsourceと分かってきた。

地球研の理念 ・・・人間の文化の問題
陸面改変の背景を研究、陸面モデルによる数値シミュレーション
国境をまたぐ陸面と海の管理・保全。一方だけだけでなく合わせて考える。
巨大魚付林の管理に向けて、ボトムアップか国連のようなトップダウンか  
文・理の対話、所長の交代で方針が変わる、研究予算等関連の質問 (答え略)

前所長の日高敏隆氏が、8月11日、道新ホールでご講演なさいます。
 演題  「ぼくがファーブルにまなんだこと」   記事を分離 07/27 夜
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-27 23:24 | 北大 SGP関連

セミナー  「環境正義と環境ガバナンス」

日時 : 7月25日 (水) 18:30 ~ 20:00   於 : 北海道大学理学部
講師 : 蔵田伸雄氏 (北海道大学大学院文学研究科・文学部准教授)
配布資料: 9頁 (PPT 52枚分掲載)    CoSTEP 主催セミナー 第4回

メモなし、資料から拾って再構成
・環境倫理「学」の二つの潮流 ・・・ 形而上学的議論の展開と環境正義論
・環境に関する価値の構造 ・・・ 対立構造、生態系システム、個々の生物 ..
・環境問題は 「人間と自然」、「人と人」 「人と社会」 「人と国家」の問題 ..
・被害者になるのは 「弱者」。 社会的差別と環境 (人種) 差別

・環境汚染(公害)と自然破壊・景観破壊のどちらが深刻な問題か
・「公害輸出」 例1 ボパール工場事故、例2 エイジアン・レア・アース事件
・開発独裁と民主制の弱さ、かつての日本の体制、水俣病発生と拡大

・民主的な決定手続き ・・・ 分配・手続的正義、十分なチェック/情報公開 ..
・意思決定プロセスに住民参加、自治、最低限度の社会的合理性が必要
・熟議民主主義 deliberative の中の環境、持続可能性問題の位置づけ

・環境問題は生態系の問題でもある。 (外来種と生物多様性)、配慮と管理
・Aldo Leopord 「野生の歌が聞こえる」 最終章に"土地倫理"、保全生態学
・参加型意思決定と環境ガバナンス、根回し的対話フォーラム有効では、コンセンサス会議
----------
【追記】  07/29 朝
講義の内容とは別です。、ブラジルのエタノール産業の労働環境についての
記事を知りました。食糧生産との競合で問題が指摘されてきていますが...
The Independent, 7/4
 Brazilian ethanol 'slaves' freed in raid on plantation
http://news.independent.co.uk/world/americas/article2733245.ece

IPS → RIGHTS-BRAZIL: Freeing Modern-Day Slaves 7/2 
http://www.ipsnews.net/news.asp?idnews=38398
 
環境に優しいと言われるパーム油や自然製品供給の現状・背景はどうでしょうか。
極めて乱暴な言い方でお叱りを受けそうですが、人間の知恵により自然界と共存を
図りながら素材を利用・循環してきたことが、科学+技術 → 工業 → 産業に至ると、
個々人の集団、一方の社会が更なる弱者を生み出しているようにも、と単純化して
書きました。
したくなります。

[PR]
by lumiere6 | 2007-07-27 01:02 | ***-e***t****

「淀の河辺 」  その後

ある本に紹介されていた伊東静雄の詩、 「淀の河辺」 を17日、引用しました。
五行目の点線は、作者によるもの (原文のまま) と思っていましたが、
調べたところ、第二節がありました。
 
c0087710_0154022.jpg
  こことかの   ふたつの岸の
  高草に     風は立てれど
  川波の     しろきもあらず
  かがよへる   雲のすがたを
  水深く     ひたす流は
  ただ默し*   疾く逝きにしか *もだし

なぜ、この部分が伏せられていたのか
わかりません。第一節と第三節には、
きみとわれが詠われています。私は
第二節で河辺が擬人化されている
ように思います。時の移り変わりを
映す流れの水底に、言葉や声のない
心の底の哀しみが重なって見えます。
 
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-21 23:56 | mémoire

静かな時間

c0087710_23515787.jpg  今夜は花火大会だったようです。
  
 街の賑わいをよそに、ある大学に
 所用で立ち寄りました。
 お庭のマリア様の像は、処を変え、
 夕暮にひそやかな慈愛の御手を
 さしのべていました。
 
 冬は雪が積もって台座が埋まり、
 見上げると御顔が近くて、憂いが
 癒されるようなときもありました。

 泉鏡花が好きだったらしい母が
 娘時代に愛読した吉屋信子の
 小説を借りました。
 

 写真は、札幌大通り公園  07/16  薔薇が色とりどりに咲いていました。
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-20 23:56 | mémoire

地球の未来を考える シリーズ 第2回

森のムダづかいを考える」  8/18 (水) 17:30-19:00
講師 : 高橋邦秀氏(北大名誉教授)  於 : 北大学術交流会館
主催 : もったいない学会 北海道支部       
後援 : 北大サスティナビリティ・ガバナンス・プロジェクト (SGP)
司会 : 福田正己教授 (北大低温研)
memo (抜粋に小見出しをつけ、都合により数字のメモは殆ど割愛)

世界の森林消失 (途中から拝聴)
アフリカ、インドネシアでは森林火災の影響が大きい。
衛星画像による伐採跡地の20年間の変化。シベリアの森林火災の映像
発生後24時間を過ぎると、人為的消火が難しく自然に任せるしかない。

火災の原因は人間の不始末。シベリアはカラマツ中心で天然更新する。
生態学的に考えると森林の後継ぎを育てるには(火災は)必要。少なくとも
100年間隔だと健全な状態で持続されるとわかる。数年おきだと持続不可能

人間の関与の仕方
カリマンタンでは湿地を排水、農地化して移住させようと裸地化して火災
北海道の森林火災は、明治44年(1911年)523件、287千町歩焼失
海岸地帯ではニシンの油を採るために木が伐採された。

森林火災は森の無駄使いであるが、自然の移り変わりにおいては
灰などが有効、繰り返しのメカニズムに火災が使われることになる。

わが国の木材利用量の変遷
9000万㎥ のうち国内材1700万㎥。2005年は8742㎥ で輸入減により
自給率は20%にUP。北海道は350㎥、我国の伐採量の約20% 
もう少し国内材を利用すべき。木材自由化以降、安い外国産が輸入される
外材は輸送コストがかかる。中国の利用増でロシアからの輸入が激減
日本の木材利用8割は輸入材、ドイツは燃材の動きが強い

木材の伐採と課題
北海道では、苗畑で5年、造林地で7年前後手間をかけ人工林を作る。
カンバ類の更新を期待するレーキドーザによる地表処理(北大雨竜演習林)
北海道の森林は根が浅く、九州に比べ強風に耐えない。
カナダとアラスカでコキクイムシが問題。 伐採の入って弱った赤エゾマツ、
大雪天然林周辺の虫害を心配。ここ数年が勝負。

北海道の伐採作業では「土場」が必須 → 林道整備、長材運搬の可否
独の山地林では状況により土場を作らず、伐採箇所に近い林道沿いに丸太整理
日本の森林の問題点・・・優秀なオペレータ、林業機械の効率的利用・健全維持の
ために、積極的に間伐が必要。北海道の利用は成長量の3分の1位。
切りすて間伐、林地残材など20%がゴミになっている。原油換算で2万6千kl

紙と森は表裏一体。 古紙回収ではダンボールの比率が高い。
北海道の製紙工場は径20㎝が多く、40㎝とか大きいものがない。
森林の利用の仕方を考えて行かねば。森林は適材適地が大事
道民1人当りの年間CO2排出は4,5年生のトドマツ1本分。
FF式ペレットストーブを開発し今後発売予定。岩手県が先進

会場からの質問等に
ドイツの森林保全では、山地の災害防止に自然素材を使う。コンクリートは
森林にストレス。北海道は本来クロエゾマツだが天然更新しにくい。
1950年代に較べ資源量が半減。石狩にミズナラ、センノキ、ヤチダモの広葉樹
キノコや小さな虫が外敵、森をもっと賢く使う必要がある。
(木質バイオマスは)小規模分散型に適している。できるだけ地元で使うこと。
ペレットストーブを利用する家を断熱構造にすることに道が補助を考えてほしい

第3回目は9月中旬頃、北海道のネックになる交通網についてJRに交渉中
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-19 23:58 | 北大 SGP関連

遠くの山は雨に ...

小雨ふる夜、風が冷たく初秋の気配です。地震の被害にあわれた方々は
本当にお気の毒ですのに、余震が続き、お天気も崩れそうで、さぞ不安な
時を過ごしていらっしゃると思います。大雨、台風が来ないよう願われます。

c0087710_07265.jpg  子どものころ住んでいた家は、
 薔薇に囲まれていました。

 雨上がりの日は特に坂の下に
 まで香りが漂い、一層薔薇が
 好きになりました。
 悲しいことがあったときは、夜
 月の光をたよりに、花に顔を
 寄せたものです。

 今日は母のanniversaire、
 そして市川雷蔵の命日です。

 京の八坂神社の灯篭に、
 養父 市川寿海とともに名が
 刻まれているそうです ...


  秋は来て夏過ぎがての   /   つよき陽の水のひかりに遊びてし
  大淀のほとりのひと日 その日わが
  きみと見しもの なべて忘れず
   ・・・・・・・・・・・                 
  その日しも 水を掬いてゑむひとに
  言はでやみける わが思            
  逝きにしは月日のみにて            「淀の河辺」 伊東静雄 
  大淀の河辺はなどかわれの忘れむ     出典:「フォントネーの泉」
                           
饗庭孝男 著  弥生書房
 
 詩の一節目を誤入力していました。謹んで訂正致します。07/21
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-17 23:56 | mémoire

èglantine   野ばら

" Douce Lumière " (Marguerite Audoux ) 『光ほのか』 堀口大學 訳
 (1863.7.7 -1937.1.31) 1937.10 刊行  新潮文庫 1938 初訳? 

  ... ああ! よく茂って、沈黙にふくれ上がったようなあの輪伐林。光る砂と、
 水苔のやわらかい絨毯を敷いたあの松林。登れと招くかのように垂れ下がった
 枝の、あの大きな樫の木。 それからまた、裏側はもっと明るい色だと見せでも
 するかのように、僅かな風にもひるがえる 美しい明色の服を着たお洒落な
 山手欅(ぶなのき)たち。 このプレルーの楽園は、清らかな水の流れる小川で
 一ぱいだ。 そこにはまたすがすがしく青い空があって、風が悪戯にそこここに
 透明な小さな雲を吹き飛ばしている。 そして、...

かつて、古書店で見つけました。既に紙が茶に変色した薄い文庫本ですのに、
タイトルがすうっと目に入ったのです。人生観に仏文学の影響を受けてしまい、
中でも、折にふれて思い出されます。èglantine はヒロインの名です。
花言葉は、春と詩 (spring and poetry)

[PR]
by lumiere6 | 2007-07-15 09:12 | mémoire

カリフォルニアの従妹から

c0087710_0404668.jpg 昨年結婚した従妹から、
 メールで写真が送られて
 来ました。
 
 家の近くの大きな公園で
 バーベキューパーティを
 している風景だそうです。
 子供の誕生日を公園で
 お祝いする人達も沢山
 いるらしいです。
[PR]
by lumiere6 | 2007-07-14 00:56 | la vie