人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

夕暮から雨... 初夏の一品

久々に雨..です。 薔薇が咲き初め、、暗がりにうつぎの純白が浮かびあがる...

c0087710_2046940.jpg
  オリーブ油などでニンニクの香りを出してから、
  パプリカと米ナスを加えて炒め、チリソースで 
  さっと煮込んだものです。
  仕上げに、ほんの微かにシナモンを...
  冷やして召し上がれます。 
  (パプリカを湯通し、皮をむくとなお良いです)
by lumiere6 | 2007-06-29 21:04 | la vie

(財) 日本公定書協会   (参照用HP)

6/27のセミナー 「国際的な医薬品開発におけるわが国の役割」 の記事から
カテゴリの都合で、自分で検索した箇所を分離しました。HPの選択はご講演と
無関係です。 投稿日付はセミナー記事に続けています。07/08/03


【筆者参考用に検索】 
(財)日本公定書協会
SJP (Society of Japanese Pharmacopoeia )
 1956年6月、「日本薬局方」 の普及を目的に設立 http://www.sjp.jp/ 
「日本薬局方」 the Japanese Pharmacopoeia
 日本薬局方と関連情報 http://www.nihs.go.jp/DCBI/kyokuhou.html
 厚労省 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/yakkyoku/ 

ICH 日米EU医薬品規制調和国際会議 (International Conference
 on Harmonisation of Technical Requirements for Registration of  
 Pharmaceuticals for Human Use )(独)医薬品医療機器総合機構
 http://www.pmda.go.jp/ich/ich_index.html  
 
GCP : Good Clinical Practice 医薬品の臨床試験の実施の基準 
CTD: Common Technical Document 医薬品の承認申請のための  
 申請書類の様式、日米欧の3極で共通化の検討

ADR : Adverse Drug Reaction 薬物有害反応
 副作用 Side Effect との違い? 

レギュラトリーサイエンス
創薬とレギュラトリーサイエンス 日本公定書協会 内山充
http://www8.plala.or.jp/fumitheory/HSuncertainty2004/splec_1.pdf
日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会
 http://www.nihs.go.jp/doc/rs/
医薬のレギュラトリーサイエンス 特別講演1 
 http://square.umin.ac.jp/wakan20/02/Sympo/Kouen_02.html
(財)ヒューマンサイエンス振興財団  はしがき  H16.3
 http://www.jhsf.or.jp/paper/report/report_2003007.pdf 
 http://www.jhsf.or.jp/index.html
レギュラトリーサイエンス今後の課題 製薬協ニューズレター ’06.5 113号
 http://www.meteo-intergate.com/news/letter/113/003.pdf
 http://www.meteo-intergate.com/

厚生労働省トピックス : 医薬食品局 
 http://www.mhlw.go.jp/topics/index.html#iyaku 

治験ナビ ICH  http://www.chikennavi.net/word/ich.htm
 副作用 http://www.chikennavi.net/word/fukusa.htm
by lumiere6 | 2007-06-28 20:26 | 上記外 環境・科学

セミナー 「国際的な医薬品開発におけるわが国の役割」

日時:6月27日(水) 18:30 ~ 20:00  於:北海道大学理学部 
講師:土井脩 氏(財)日本公定書協会専務理事・元厚生労働省薬務担当審議官)
    北大CoSTEP特任教授 隈本邦彦氏(元NHK)が、要所で解説
資料:カラーコピー9頁 (PPT 49枚分)  同大CoSTEPセミナー 第2回

PPT資料より №2  研究・行政との関わり (子どもの頃から正義感)
 東大応用微生物研~国立予防衛生研~ワシントン大医学部~厚生省生活
 化学安全対策室長~新医薬品課長~安全課長~麻薬課長 ~ 医薬品
 副作用被害救済・研究振興機構審議役~大臣官房審議官~医薬品副作用
 被害救済・研究振興機構理事~(独)医薬品医療機器総合機構理事(技監)  

№5  医薬品規制ハーモナイゼーション国際会議 (ICH)
 成果…各種ガイドライン、ICH+GCP , CTD
№6  Progress of Harmonization Process図
№7 わが国を取り巻く医薬品にかかる問題点

治験,開発,生産,医薬品産業の空洞化、発展途上国型審査・安全対策への移行

№8-12 グラフと表〔世界の医薬品市場規模 / 世界売上上位88製品のうちの
 未上市製品数 / 世界初上市から各国上市までの平均期間 / 薬事法による
 規制の概要 / 開発段階別化合物数と承認取得数〕

№13 日本で治験が進まない原因は・・・

1.Human Resources (治験の実施体制)
 → 治験実施体制が整っている医療機関が少ない
2.Insentive (実施者・被験者)
 → 治験に対する学問的評価が低い。治験の意識が浸透していない
   経済インセンティブが低い
3.Cost 
 → 医療機関あたりの被験者の数が少ない。医療機関ごとの手続きが煩雑
   日本版GCPによる規制とモニタリング

№14‐18  Global Development Strategy図 (Yesterday,Today)/ 科学的な
 安全対策を目指して / 医薬品等の市販後 安全性情報ネットワーク図 /
 新薬市販後の安全対策上の問題点

・日本の厳しさは妥当性がない。米国は大事なところだけ厳しい。

№19 市販直後調査の流れ図
№20-21(例) 重篤な副作用チェック表(ADR Detection Table)

 全身症状…体がだるい、発熱.寒気、めまい.ふらつき、 頭痛、 黄疸(白目、
 皮膚が黄色くなる)、  食欲不振.吐き気、むくみ   心臓系…動悸.息切れ 
 目…目の痛み.かすみ   筋肉・・・しびれ.ふるえ.筋力低下、筋肉痛.関節痛 
 皮膚…発疹.紫斑.かゆみ   呼吸器…呼吸がしづらい.息が苦しい、せき.
 喉の痛み  消化器…腹痛.下痢.便秘   尿…色がおかしい、回数・量が
 多い/少ない.出にくい    便・・・色がおかしい
・重要なことは、既知の副作用で患者を痛めつけないこと

№23-30 医薬品や医療機器が関係した過去の主な健康被害①②~
 ソリブジン、イレッサ、リン酸オセルタビル(タミフル)事件等について
№31-35 米国における医療事故防止の取り組み 
 ~ 医薬品関連過誤(Medication Error)等について
№36 レギュラトリーサイエンスとは
№37-49 バイアグラ、モルヒネ、インターフェロン、ピル、プリオン病、BSE

・BSE問題:怪しい牛は闇から闇へこっそり処分しているのが問題
・(20ヵ月齢以下)の検査にパスしても引っかからないだけでシロじゃない。
・検査に引っかからないものは大丈夫。脳はダメ。欧米はそういうことを考え
 プロセスを踏んで基準を設けている。
・科学は国民に正確に伝えねば。行政は分かっていない。
by lumiere6 | 2007-06-28 20:25 | ***-e***t****

平成19年版 環境・循環型社会白書を読む会

6月27日(水) 13:30~15:30    於 : 札幌市環境プラザ 環境研修室
環境省 廃棄物・リサイクル対策部企画課 循環計画係長 松本和也氏
 〃   総合環境政策局 環境計画課 環境事務官 海部愛氏 ほか1名

配布資料 : 『図で見る 平成19年版 環境、循環型社会白書』
        白書を読む会 説明資料、『エコジン 創刊号(7月号)』

白書の概要、〔総説1 新興する地球温暖化と対策技術、総説2 我が国の循環型
社会づくりを支える技術〕 を中心にテーマや狙い等について、執筆担当者が解説、
参加者と質疑応答を行なった。下記は説明資料より

〔第3章 地球温暖化対策を進める技術、 第1節 持続可能な社会への転換〕
「持続可能な社会」を実現するため、「地球上に存在する資源の制約の問題」と
「汚染に対する自然のシステムの処理能力の問題を」 認識する必要がある。

c0087710_0182937.jpg
c0087710_0363243.jpg

写真 : P58 左のグラフは、海洋汚染の発生確認件数の推移
     P59 右上図は、世界の森林面積の年当りの変化率(2000~2005年)
森林面積が「0.5%を超える減少」 の地域は赤で表示されています。アフリカ中西部
南アメリカ (特にアマゾン川流域)、東南アジアで顕著です。


基本的に私の感想は入れないようにしていますが、囁きたいことが溢れています。
by lumiere6 | 2007-06-28 01:00 | 上記外 環境・科学

Digital北海道 春季特別講演会 2

【特別講演】 にパネルディスカッションのメモを追記しました
農業分野のリモートセンシング・写真測量の動向と展望
  谷 宏 氏 (北海道大学大学院農学研究院 准教授) 
PPT資料見出し  №3-4 北海道農業とリモートセンシング
土壌特性の把握 (土壌腐植含量、土壌の水分特性)
作物特性の把握 (作目判読、水稲・小麦・てん菜の生育解析、草地の植生)
自然災害による被害の実態把握 (干ばつ、例外、湿害、洪水)
米のタンパク含有率区分図(水稲の成熟期に観測した衛星データ得られる
NDVI (正規化植生指数) が大きい水田ほど収穫後の米粒タンパク含有率高い
 (北海道立中央農業試験場 環境化学部土壌資源科2000)

№5-18  日射量推定を用いた作物生産のモニタリング (ひまわり)
他の気象要素のメッシュ化技術および作物生育モデルとの組み合せが可能
№19‐26 土壌水分の推定 
№27‐37 熱帯泥炭林の火災と地球環境 / 問題
 改変
地球上のカーボンシンクとして重要な位置を占める。近年の研究で明らかに。
インドネシアの中央カリマンタンでは、プランテーション農業,土地利用変化の
乱開発が行なわれてきた。過度の伐採の慣行や森林火災の発生 
→ 土地被覆変化に影響を及ぼす
エルニーニュに伴う乾燥化が拍車をかけた大規模森林火災 (’97,'02年)に
よってCo2として大気中に放散され、地球規模での環境への影響が懸念
森林火災は植生の破滅だけではなく、回復困難な土壌消失を引き起こすため
生態系の保全にとって危険な存在である。上記地域では特に重要な問題
森林火災の防止に関わる問題点 - 火災検知の精度向上、森林火災発生の
危険度の評価、延焼の予知、啓蒙活動

【話題提供】
DIGITAL北海道GIS最新利用技術 -無料で使えるデータセット等のご案内-
  小野貴司氏 (酪農学園大学環境システム学部 非常勤講師) 
データの検索方法
  (財)日本測量調査技術協会 「空間データ整備状況一覧表」
主なGISデータ     資料より抜粋紹介
1.数値地図 : 国土地理院、日本地図センター
2.国土数値情報 : 国土数値情報ダウンロードサービス
3.空中写真 : 1940代から撮影されており、時系列の変化を追える
  札幌第一合同庁舎10F 国土地理院北海道地方測量部 デジタル購入可
  国土地理院・民間撮影分、林野庁撮影分
4.海洋データ : 海上保安庁作成、(財)日本水路協会海洋情報研究センター
5.自然環境保全調査-緑の国勢調査とも呼ばれる。1973年から7回目
  環境省生物多様性センターの生物多様性情報システム
6.統計データ : 統計GISプラザ、統計データポータルサイト
  国政調査(統計情報研究開発センター)、農林業センサス(農林統計協会)
  工業・商業統計(経済統計情報センター)
インターネットを利用した地図
・Geography network Japan、GISデータネットワーク  

More
by lumiere6 | 2007-06-27 12:36 | 北大 学会等

Digital北海道 春季特別講演会 1

北海道/世界における衛星データ利活用と今後の展望
6月25日(月)13:10 ~ 17:30  北海道大学学術交流会館 2F講堂
主催 : Digital北海道研究会、日本写真測量学会北海道支部
後援 : 『6月3日測量の日』 北海道推進協議会

【特別講演】 全31頁の資料配布につき、対応する講演のメモは簡記
世界の衛星リモートセンシング*の近年の動向と今後の展望 (*RSと略記)
  飯坂譲二氏 (ビクトリア大学社会学部・大学院 地理学科 教授) 
・ 地球温暖化とRS、「地を描く」 センサーと 「地を測る」 センサー、
 これからのRSが目指すもの (アウトラインより )
・眼で見えること、視覚的なオブジェクトの検出が中心になっているので、
 物差しの目の粗いまま使っている。何を知りたいかが、眼で見えることに
 限定されているのではないか。サイエンスの統合化が必要

PPT資料見出し  №14 思考の方向を逆転を 
長年の質問 : 「RSは何に使えるか、どう役立てるか?」 から脱却し、
「今抱えているわれわれの棲む地球の諸問題に対して何が必要か?」
から出発し、-5行略- 問題解決を支援する科学技術として発展させる。
№15  これからの日本の課題
衛星RS計画の再検討-継続性、社会的ニーズなど
空間マネージメントの概念の導入と社会システムへの取り込み 
学際的な思考のできる人材の育成が急務
  - 総合的で将来に向かった教育ができる指導者の育成
真のIT教育、・知識、知恵のデータ・ベースの充実
№16  これからの日本の課題 (続)
教育の充実 -複数学科取得:種学科と副学科の履修の可能性
地方大学の充実:RSを必要とするテーマ
  ローカリゼーションの良い例、特化大学の推進
税制の変更:租税制度の変革、大学・文化活動の寄付無税化
  知的財産の贈与・寄付行為の推進
№17  まとめと結論
地球環境問題の解決支援技術として衛星RSの役割大、学際的アプローチ
が必要、リーダーシップが求められる。グローバルな寄与が期待できる
日本再生のきっかけとなりうる。1にも2にも人材の育成がキー
質疑から抜粋
・日本は社会資本としてのデータのライブラリ化が遅れている。
 RSを基本的にどうしたいか、声を大きくして中央官庁を変えねば。

森林GISおよびリモートセンシング技術に関する林業試験場の成果について 
  菅野正人氏(北海道立林業試験場 資源解析科 科長)
・研究成果の例 :2004年台風18号 風倒被害と要因解析 ほか
・ロジスティック重回帰分析.、森林被害と衛星データ
樹種・林齢、標高、斜面方位と傾斜角、見晴らしのよさ(露出度、谷は低い)
・斜面の角度を一定にしたとき、どの方位で被害が大きいか分かる
・見晴らしよいほど被害にあいやすい当たり前のことが分かった。
・傾斜が緩いと方位による差が減る。針葉樹は被害が受けやすい
・広葉樹の植栽、長伐期施業の回避(地域によって)、異齢モザイク林

だいち(ALOS)PALSAR 画像の解析と利用展望
   布和敖斯尓 氏 (酪農学園大学環境システム学部 准教授) 
・中国は土壌浸食(soil erosion)、砂漠化や黄砂などますます増加する
 環境問題の解決策として、1999年に「退行還林(草)」緑化プロジェクトを
 提案し陝西省黄土高原の延安地区で最初に実施 (資料より)
・等高線耕作である段々畑は土壌流出を防げる。
・結論 :現地調査、地上でのスペクトルの測定、画像処理から研究対象地域の
 土地利用が耕作地から植林地に変わったことが確認できた。「退行還林(草)」で、
 緑植物の光合成に有効ではない地表面の熱放射能 (地表面アルベド、太陽放射、
 地表面熱、潜熱と顕熱など)の値が前より小さくなったことが検証できた。
 前の4年に比べると、対象地域生態系のシステムエントロピーが減少。光合成に
 よって固定される(有効)エネルギー量が増え、廃熱エネルギー量が減少。(資料より)
・高原は「風でできた」らしいですが、「水でできた」説もあったそうです。

→ 『Digital 北海道研究会』 設立記念講演会 06/10/27
by lumiere6 | 2007-06-26 23:42 | 北大 学会等

伊藤幸子 彫刻展   ~ 土の雫 ~

初めてお会いしたのは、イタリア文化の夕べでした。
作品の女性のおおらかな表情、ゆったりとした雰囲気は、日々の煩いを
解きほぐしてくれるようでした。24日に終わってしまったのですが、少し
ご紹介させて頂きます。

母娘像、「まなざし」 は、今年、千歳市のある施設に設置されたブロンズの
石膏原型です。手を伸ばしてすがる相手のいる安堵感、見つめられ守られる
幼子の後姿に慎ましい幸せが宿っています。
眺める者はあらゆる方向から眼差しを注ぐことができる、彫刻の魅力です。

ポップでユーモラスなようでいて、何かが起きそうな 「カイスイヨク」 連作、
人間が物体に扮していて、時間を止めたかのように...
道路に面したガラス越しに、「還す」 が街行く人の足を止めます。
階段の踊り場が展示スペースをかねて、外からは歩く人の目線と同じです。

c0087710_018466.jpg
  



     
        
     頬から首、
     肩の優美な線
     潔い背筋
    
     清澄で、
     世俗から遠い
     彼方を想う ..

     「十三月 *」   *タイトル

*エントランスアート STV北2条ビル
http://www.stvkohatu.co.jp/entransart/entoransartm.html
*伊藤幸子 彫刻展 (殆どの写真掲載)
http://www.stvkohatu.co.jp/entransart/itosachiko/itosachikom.html
by lumiere6 | 2007-06-26 00:33 | 文学、芸術 …

地球環境再生の政策学   〔パネル・ディスカッション〕

〔HOPS研設立記念講演会〕 の続きを少しだけ
〔パネリスト〕  発表順
①石 弘之 特任教授 (北海道大学公共政策大学院、前ザンビア大使)
②吉田文和 教授 (北海道大学公共政策大学院)
③南川秀樹氏 (環境省地球環境局長)   

①言う易しが環境問題の特質。減らさなければいけないことと、減らせる行動を
 取れるかということ。全体に集まったとき行動に結びつけるシナリオはあるか
②地球50億年の最後の段階での大量消費の結果が何を招くか逆に質問したい
 一番問われているのが生活の質、足るを知る、ヨーロッパはそういう方向
 短期(目標、計画、提案)になると皆が合意しない難しさがある点をどうするか
③何が望ましい自然再生か、コンセンサスを得ること、評価は難しい

会場質問用紙の読み上げ (主な項目を類似集約)
・再生は誰のためにすべきか。取り組みの一連の判断の過程は、根拠はいつ、
 公共投資であっても環境に良くて新たな雇用対策になるのでは
・EUはなぜうまく行っているのか。公共政策と経済政策がセットになっている
 相互にWinWinになる事例は    ・北海道をモデルケースにすると
・米国に協調しながら協力することの具体例、日本が中国から受けている影響の
 具体例は、環境政策と他の政策とのconflictは
・ここにいる皆様自身どうすればよいか、専門家に任せたらの話になるのを懸念

①釧路湿原の場合は、何らかの被害や取り返しのつかない影響を阻止すること
 トキだと、私達の世代から次の世代に残す倫理(観)、新たな公共事業云々は
 利益誘導では困るという、そういう一部の条件付きで反対と言っている
②EUは理念と枠組みを提供している。(この2点を)学ぶべき。EUの決め方は
 国際的でグローバルに 通用する。下からの積み上げで議論している。
 アジアでは、経済、環境で協力して政治的違いを埋めていくことが重要
 ほか幾つかのご意見はメモが不確かで割愛
③プライマリーバランス、財政支出と税収を同じに。
 人為的排出と自然の営みの中の排出と循環を別にして(扱う?)
 日本外交のアメリカとの近さを痛感、米国との関係を踏まえて考えなければ
 アメリカは来年選挙があるので政権から人が抜け、誰と話すべきか、難しい
 EUは中国との繋がりが弱いので日本がしっかりとの姿勢、  ~ 略

①北海道は家畜の排泄物の問題がある。北大の研究に期待している
②いかに身近なところから(温暖化ガス)削減をやっていくか。北海道は暖房対策
 大都市は天然ガスを、自動車対策 park and ride、駐車料金についてなど
by lumiere6 | 2007-06-25 21:39 | 北大 学会等

地球環境再生の政策学  〔HOPS研設立記念講演会〕

北海道大学公共政策学研究センター 設立記念連続シンポジウム 1.
日時 : 6/23(土) 15:00 ~ 17:30   場所 : 北大クラーク会館講堂
主催 : 北大公共政策大学院附属公共政策学研究センター (HOPS研)
     → http://www.hops.hokudai.ac.jp/index.php
     同大 創成科学共同研究機構 環境・科学技術政策プロジェクト
〔パネリスト〕
  石 弘之 特任教授 (北海道大学公共政策大学院、前ザンビア大使)
  吉田文和 教授 (北海道大学公共政策大学院)
  南川秀樹氏 (環境省地球環境局長)
〔司会〕 元田結花 SGP特任准教授 (北海道大学公共政策大学院)
メモが5頁に及び、一部のみ入力(発表順)
石 特任教授
・ウィーンの森の物語、第二次大戦中に暖房用に伐採、各人印をつけて戦後植林
・自然再生協議会(官)、サロベツ湿原、釧路湿原への取り組み、河道直線化で乾燥
・修復 (尾瀬ヶ原)、回復 (スイスの森)、再生 (魚つき林)、
 復活 (トキ、コウノトリ)、復元 (荒川級河川のだ行復元)、創造 (明治神宮)
・自然再生への批判
 1. 自然を元に戻すことは可能か、新たな生態系の破壊にならないか
 2. どの時点に戻すのか    3. 新たな公共事業にならないか
   人口干潟の造成など代償措置として再生が開発の口実にならないか
 4. 既存産業(農林水産、工業)や居住地とどう折り合いをつけるか

吉田教授 : 地球温暖化の経済学 
・資源の枯渇問題より先に環境的制約を解決しなければならない
・温暖化の緩和策と適応策をとらなければならない
・地球温暖化に対する先進資本主義国の歴史的責任、気候変動により直接被害を
 受けるのは途上国、米国を筆頭に化石燃料の大量消費、戦後CO2排出が約5倍

・地球環境問題と公正概念 fairness
 経済的厚生という面からの1人当りの温室効果ガス平等の原則は、個人の消費や
 所得の平等ではなく、廃棄や排出など環境負荷の平等であり、個人の平等概念の
 再検討を促す。社会科学、人文科学(からも)原理的に検討を(要す?)
 ※何を平等の基準とするか
・京都議定書と京都メカニズム、「共通だが差異のある責任」、限界削減費用
・日本国内 1トン減に2200円(京大大学院が2400社調査、省エネでプラス効果も
・回答のあった会社の2割が目標値を持っている。業界ごとの削減目標が不明確

・部門別課題と方法の検討 
・産業部門、交通、公共交通体系、家庭・事務所の排出が増加している
・国民的議論になる必要、特に再生可能なエネルギーについて
・原子力をどう位置づけるか、北電はCO2を減らすため原発と位置づけ

・2050年半減への課題-途上国の増加を考慮、先進国70%以上削減が必要
・抜本的確信と制度改革、中国・インドとの省エネ協力が課題、
・経済と環境分野での協力が大事、アジアでどうするか、日本の役割は大きい
 中国自身にとってメリットのある形で環境協力ができるか
・EUのエネルギー政策目標と温暖化対策戦略について ~略

・京都議定書を超えて豊かな 「低炭素社会」 への道、構想をどのように描くか
 我々は問われている。limitation creates innovation、必要は発明の母、
 「制約なくして発展なし」 が重要

南川局長 : 地球環境政策の現状と動向
・Surface Air Temperature Change シュミレート、日本の真夏日の増加
・mitigation と adaptaiton、環境問題に関する07,08年国際スケジュール
・生物多様性の問題、野生だけでなく種、資源の保全の問題も大事
・Invitation to Cool Earth 美しい星への誘い、Cool は素敵、カッコイイの意味も

・人間社会の発展と繁栄を確保する持続可能な社会の 「日本モデル」 の構築、
・世界最先端の環境エネルギー技術、深刻な公害克服の経験と知恵を生かす
・自然との共生を図る、生物多様性の保全、環境を感じ考え、行動する人づくり

以後、会場からの質問用紙を元にディスカッション、後日入力は未定

by lumiere6 | 2007-06-25 01:20 | 北大 学会等

北大総合博物館   日仏共同企画展など続々

市民セミナー 21世紀COE・新自然史科学創成 6/23(土) 13:30 ~
「寄生虫だけじゃない -線虫の多様性:人知れず生きる自活性の線虫-」
              鬼頭研二 講師 (札幌医科大学医学部 生物学教室)
3.鳥取砂丘
 食性型分布40種、オアシスは11種で一番多く、砂丘の特徴が出ている。
 どうやって砂丘の中に入り込んだか、砂浜と海との関係が不明
 ニセアカシアやクロマツ付近は普通と同じ
4.南極大陸   誤変換等訂正 6/24
 小さな虫だけ苔などに通年いる (原生動物,線虫,クマムシ,ワムシ,ダニ,トビムシ?) 
 1995-96年 オーストラリア隊、2001-01年 チリ隊と一緒に行った
・海洋性南極-南極半島部 キングジョージ島、ふかふかの苔の群落、
 顕花植物(種子植物)ここだけに存在、苔から10種の線虫、計17種
・大陸性南極-30種、両地域に同じ種類が少ない
ケーシー基地 (排水汚染土壌) 夏場は氷が溶け、地面の下は淡水に近い
 普通の海岸線にない特別の環境、人間が手を入れた特殊な環境の研究が
 できる。人間が持ち込んだ線虫が分布を拡げつつあるのではないか。

多くの線虫は寄生性ではなく、細菌や微小な藻、小さな無脊椎動物を餌に自活
会場から質問:砂場で子どもが砂を口にした場合は-大丈夫、何ともない。

『昆虫記』 刊行100年記念 日仏共同企画 「ファーブルにまなぶ」
7月1日 (日) ~ 9月17日(月) 昆虫記後100年間の科学的進展も振り返る
北海道大学総合博物館ニュース 第14号 (2007年1月)
→ http://www.museum.hokudai.ac.jp/newsletter/

オープニングレクチャー 6/30(土) 13:30 ~16:00
フランス国立自然史博物館 アルマス・ジャン-アンリ・ファーブル館 アンヌ・マリー・スレザック氏
以後セミナー、講演会が続々です → http://www.museum.hokudai.ac.jp/
by lumiere6 | 2007-06-23 23:17 | 北大 セミナー他