<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

海より深き …

AM :地球環境科学、I先生にお目にかかる、ご教示をメモせず… quelle imbécilité!

PM : 同、Y先生がご研究資料をメールでお知らせ下さっていた。
    「気候の危機シンポジウムin札幌」概要(拙文)に対してのご厚意、嬉しく感謝

   ▼海から見た地球温暖化 ▼「急激」な気候変動とは ▼海からの警告
   ▼温暖化がもたらす深刻な影響とは ▼IPCCとは ▼海面はどれくらい上昇するか
   ▼CO2を海に棄ててよいのか  ▼温暖化問題をどうとらえるべきか

①8/17 購入
 『海の環境100の危機』 東京大学海洋研究所 DOBIS編集委員会/編. ¥1,575
 '06/07刊   A5判 : 232頁 → 東京書籍 書籍紹介頁
  ・DOBIS=海洋生命系のダイナミクス(Dynamics of Ocean Biosystems)
  文部科学省と日本学術振興会のサポートの下に、2000年4月から5年間
  展開された大型プロジェクト
 
②いずれ購入 … ①の後にお勧めします。 → 日本海洋学会 刊行物アーカイブ
 『海と環境』 日本海洋学会 講談社サイエンティフィック ¥2,940  ’01/09刊
 
  海深く、空果てしなく時超えて、科学は架ける 過去、未来、現在(いま) - m

      「海、遠い海よ!」と私は紙にしたためる。
      ― 海よ、僕らの使ふ文字では、お前の中に母がいる。
      そして母よ、仏蘭西人の言葉では、  
      あなたの中に海がある!            三好達治 「郷愁」
                                  la mére (母)、 la mer (海)
    
   When apples were golden and songs were sweet,
   but summer had passed   ― John M. Strudwick  1906年
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-31 23:53 | 書籍

「 おからで、もちもち白玉 」

c0087710_23425680.jpg  編集会議に持参、好評   応用も多様
  ※ 2006/07/17 考案、8号掲載

・おから含有食品の製造方法
           及び含有食品
  ㈱佐野食品 :知恵の輪ニッポン 
  独)工業所有権情報・研修館
          ↓
 
      http://www.co-ip.jp/02seeds_flash/vol04/index2.asp

産業廃棄物とは (神戸市環境局事業系ごみ対策課)
廃棄物をめぐる裁判例  第1回 おからが産業廃棄物に当たるか

・食品製造副産物」の特性・利用について 『牧草と園芸 第53巻第5号』 雪印種苗㈱
  http://www.snowseed.co.jp/index/top_index/bokusou_engei.html

・おから乾燥機「転生」は・・・廃棄していたおからが「食品素材」に生まれ変わります
   ㈱マルミ  http://www.marumi-net.co.jp/ 
 
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-30 23:53 | 上記外 環境・科学

La Loi Du Silence  et  une voix distinguée

◇ Johnny-Hallyday  ジョニー アリディ  “La Loi Du Silence ” 
 Laura Pausini & Johnny Hallyday  ← You Tube

◇Gerard Lesne ジェラール・レーヌ & Il seminario Musicale 
  カウンターテノール(仏) 20才頃、ロックなどをファルセットでうたう、その後
  古楽・中世~ルネサンス~バロック音楽へ  ◎ ビバルディ 『Stabat Mater』
   “ パーセル : おお孤独よ、我が甘き選択 ”
  O solitude, my sweetest choice !  ← You Tube
 
 【Dr. Tom Shakespere (The Univercity of New Catsle, UK】
 Policy, Ethics, and Life Sciences Reseach Institute
 ’06/01/24 Science communication WS in Sapporo、懇親会にて
        ↓                          当方はG.Lesneをお勧め
◇Andreas Scholl
 “ヘンデル:懐かしき木陰よ” Ombra Mai Fu
 ♪試聴  http://www.andreasschollsociety.org/tour.htm
The Andreas Scholl Society→http://www.andreasschollsociety.org/
        ↓
◇James Thomas Bowman
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-29 16:08 | 文学、芸術 …

講義 :堤 寛教授 (病理医が取り組む院内感染)

  講義08/26と資料を基にしたインタビュー風レポートです。

生命の最終診断、病理医として】 堤 寛教授 藤田保健衛生大学第一病理学教室   

『電話注文した品が 「料理学教室』 宛で届いたことも …」 慶應義塾大学ご出身で
30年間、日本の病理の歴史と共に歩んできた堤寛さんは、病理医の存在が知られて
いないエピソードを語る。
医療の最終目的である治療を適切に行うために、細胞や組織を顕微鏡で視て最終
診断を下すという重要な役割を担う病理医。実は平成元年に、病理診断がようやく
「医行為」 として正式に認知された。陰には堤さんの訴えがあったからだという。
しかし一昨年、標榜科 (院外への広告を許される診療科名) 見直しで 「病理科」 は
切り捨てられた。診察をしないからだそうだ。検査の一部と見なされることもあり、若い
医師不足に拍車をかけていると堤さんは早期実現を願う。
 
臨床医の黒子的な地道な業務との見方は一面に過ぎないように窺える。わが国の
鎌倉期に書かれた「病草紙」など故事に通じ、医療と環境をテーマに活動する。
1993年から94年にかけてケニアのナイロビの街に3ヶ月間滞在した。JICA (国際
協力事業団) の短期専門家派遣として、ビルハルツ住血吸虫対策と細胞診の技術
指導が目的だった。
肺炎、下痢と並ぶケニア国民の三大死因の一つマラリアは蚊が媒介する。ボウフラが
わく泥水が生活水の全て、炎天下の井戸掘り賃金が一日中でも100円ほど。トイレも
机もない学校、『安全な水さえあれば ・・ 必要なのは医者ではなく、安全な水の供給』
とアジア地域にまして深刻な実態を指摘する。 日本政府の援助施策と現地のギャップ
に、何が必要か、医療とは?幸せとは?  問い続けたという。
 
眼を内に転じれば、病院における新しい感染症対策の課題がある。
ユニバーサルプレコーションと呼ばれる 「すべての患者体液・排泄物を、感染の可能性
があるものとみなして取り扱う」 原則に則り、手洗い、トイレ設備、医師等の腕時計に
到るまで患者さんのために万全の配慮がなされる。
堤さんは説明に意見をはさみながら、インフルエンザの予防接種が全国的に医学部で
低いことを嘆く。また白衣は予防衣であるから、記者会見に臨むときは上着姿でと苦言
を呈した。
 
最後に「患者の目線で見ることを学生に伝えたい、国際的視野を持つ人材を育てたい」
とメディアやコミュニケーションの力に大きな期待を寄せた。

  藤田保健衛生大学第一病理学教室 HP   連載:病理医の眼( ESSAY)  
  JICAケニア感染症対策プロジェクトに参加して (ESSAY)   
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-26 23:35 | ***-e***t****

CSR 第1回 「環境報告書を読む会」 -追記あり-

    シリーズ 「企業の社会的責任とコミュニケーションの今」
          第1回 「環境報告書を読む会」

  日時 : 8月24日(木) 18:00~20:45
  会場 : 環境サポートセンター
  主催 : 環境省 北海道環境パートナーシップオフィス (EPO北海道)
      財団法人 北海道環境財団、北海道商工会議所連合会
 プログラム 
   ・企業の社会的責任と環境コミュニケーションの今
         (環境省総合環境政策局 民間活動支援室 瀧口直樹氏)
   ・事例紹介「道内企業の環境報告書を読む」
      1.北海道電力株式会社の環境行動レポート
          (北電コーポレートコミュニケーション本部 
           環境室環境企画グループリーダー  國陶信男氏)
      2.北海道ガス株式会社の環境報告書
          (北ガス技術開発研究所 技術企画グループ  長尾 達氏)
   ・質疑応答、まとめ
   ・第2回予告→  「中小企業のCSR活動を考える」 
    ’06年 9月 25日 (月) 18:00~  札幌エルプラザ 環境研修室1・2 

配布資料】 PPT用除く
・『社会的責任(持続可能な環境と経済)に関する研究会報告書』  環境省
・『つな環 第6号』 地球環境パートナーシッププラザ、環境パートナーシップオフィス編集・発行
・『ほくでんサスティナビリティレポート2006』、『ほくでん環境コミック①②』
・『環境報告書 2005 KITAGAS』 ※2006は1ヶ月後に発行予定

memo】 
・EPO北海道を3月設置、建物1Fの北海道環境財団と一緒に、市民と学識者の
   協力で、パートナーシップの下に色々な取り組みを進めたい。
・ステークホルダーの参加と連携、企業のセキュリティ的取組みは特に重要
・企業には環境問題だけでなく、地域~日本社会を構成する大きな社会的責任
・企業活動の発展を求める中でも、環境との調和が求められ、行政も大きな期待  

More
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-24 23:56 | 上記外 環境・科学

蓮葉 (はちすば)の…

  蓮葉(はちすば)の にごりにしまぬ心もて
        なにかは露を 玉とあざむく       僧正遍昭 〔古今和歌集〕

   
     The lotus‐flower, whose leaves I know
          Kiss silently,
     Far more than words can tell thee,
          how I worship thee !    
                 T. Moore (1779-1833) トマス.ムーア    
      Broad water-lilies lay tremulously,
      And starry river-buds glimmered by,
      And around them the soft stream did glide and dance
      With a motion of sweet sound and radiance.
                  P.B.Shelley: ’ The Sensitive Plant ’ シェリー

  19日(土) NYから帰国中の先生がレッスン
  musique : Maurice Ravel – Pavane pour une infante défunte
           J.Offenbach   "美しい夜、恋の夜 (ホフマンの舟歌)"
          (Les Contes D'Hoffmann / Bell nuit, ô nuit d'amour  
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-22 23:50 | 文学、芸術 …

キッチンから地球温暖化を考える  ~ エコ・クッキング ~

 ※昨秋 ある原稿(約700字)用に雑記したものを修正。追記あり 06/8/28

 「食」をめぐる生活スタイルが見直されている今日、〔スローフード、食育〕と並ぶ食の
御三家として〔エコクッキング〕に注目したい。残念ながら「野菜の葉や皮を刻む」など
節約料理のイメージが強いようだ。
 人は食事に栄養補給だけではなく、五感を充たす楽しさ、憩い、お洒落な雰囲気など
プラスアルファを求める。しかしプロ・アマを問わず、献立と買物の思案、ゴミの始末に
至る裏方的作業が日々つきまとう。ゆとりある創造的な食卓をめざすには、効率よく
進めることが大切。安全・安心、環境に優しいかどうかも考慮したい。
 「エコクッキング」とは? 10月に講座を体験してみた。

適材、適所で1玉3役
 当日は、北区の生活改善普及員の方々を中心に、女性23名が参加。
管理栄養士さんが札幌市保健福祉局作成の冊子『エコクッキング』」の概要を説明、
同局で編集・発行の料理集から「レタスを使いきろう」の実習をすることになった。
数名のグループに分かれ、すぐ調理に入った。みな和気藹々、デモンストレーションが
なかった分、レシピを見ながら教えあい協力できた気がする。 
 メニューはレタスを丸ごと使って3品。「中華風混ぜずし、酢のもの、牛乳炒め」 に
外葉から芯まで部分に応じて、「ちぎる、和える、加熱する」と3通りに調理したものが
主役、脇役で登場する。忙しい時に手軽で残りが出ないと心もすっきりしそうだ。
 使いきりは食材の部位の特徴・性質にあった調理法が美味しさのポイント。
「相手」を良く知り、どう生かすか、材料を変えてどう応用できるか。エコクッキングには
費用効果のほか、アイディア次第の面白さがある。
今後はより幅広い実践例が紹介され、豊かなエコレシピの続編が期待される。
 
 試食は好評だった。混ぜずしはレタスの食感が新鮮で、生姜の利いた牛乳ソースは
淡白なレタスと相性が良いと分かった。参加者は講座の主旨を意識して、水を節約、
洗い物が少なくなるように配慮していたようだ。
 片付け後、集めた全員の生ゴミは驚くほど少ない。今回はゴミ出さない最短ルート、
基本的な例の一つと言える。でもエコを意識せずメニューを立て、食材を購入する
ことで、燃やさないゴミの存在をクローズアップする方法もある。
 スーパーなどでは生姜1つにもミニトレイが使われている。例えば、1つの献立例に
伴うプラスチック類などに焦点をあてたらゴミ問題に説得力があるのでは。
休日シェフのお父さんたち、子供たちにも参加してもらい、包装ゴミを実感してほしい。

More
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-21 23:24 | 上記外 環境・科学

店内図書コーナー (佐藤水産本店)

恒星社厚生閣、成山堂、農文協、日本水産学会、小泉武夫教授著書、北海道新聞社、
大学関係、岩波、講談社…。本棚3つに料理書、児童書も。 美味しい緑茶飲み放題、
下記の本を見つけました。

・『狂食の時代』 The Great Food Gamble  講談社 2002.3  ¥1995
   http://blog.bizbook.tv/?eid=67592

・『もう抗生物質では治らない』 The Killers with in 2003.3 NHK出版  ¥2100
  猛威をふるう薬剤耐性菌  http://www.bk1.co.jp/product/2300624

→ 佐藤水産本店 2F : 中央区北4条西3丁目1 (JR駅前)
  AM9:00~PM8:000  佐藤水産:http://www.sato-suisan.co.jp
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-19 23:29 | 書籍

日本環境教育学会(北海道) 公開シンポジウム 

      2006年度 日本環境教育学会 第17回大会(北海道)
    大会テーマ 「グローカルな時代における環境教育の課題」

 日時 : 8月18日(金)14:00~17:00
 会場 : 北海道大学学術交流会館 (札幌市北区北8条西5丁目)
 講師 : 石 弘之氏 (北海道大学大学院特任教授)
      竹田津 実氏 (獣医師・写真家)
 コメンテーター : 阿部 治氏 (立教大学教授)
 コーディネーター : 鈴木 敏正氏 (北海道大学大学院教育学研究科教授)
http://www.envrinfo.jp/topic/jsoee/modules/tinyd0/index.php?id=9
            
 memo
・大人も子どもも、誰にでもできる生活スタイル(環境保全を入れていく)を作ること
・研究…調査と設計(社会への提言)、知識ではなく行動
・大学の低学力化が幅を利かせ、総合学習が危機的状況、風前の灯、クラブで細々、
 制限された中で学校教育のカリキュラムの中でどう展開していったら良いか
・戦争によっても自然破壊が起きている、ストップさせても保全
・農民の方々がきつねの全滅に反対。豊かさ…自分に都合の悪いものを抱えられるか、
 小さな変化に対して敏感さをもてるか
[PR]
by lumiere6 | 2006-08-18 23:51 | 北大 学会等

サイエンス・コミュニケーション イメージ〔R〕

Ricafe 立ち上げの頃、作成したイメージ図です。Researchの「R」に転用します。
いつかもっと、改良できれば良いのですが… (画像クリックで拡大)

c0087710_918291.jpg

[PR]
by lumiere6 | 2006-08-17 01:31 | 上記外 環境・科学